minablog

hugo/github/wordpress/プログラミング言語/美容/ビジネス/マーケティングなど、ミレニアム世代やZ世代に有益な情報を共有するブログ。

実際よく分からないことふるさと納税の制度とは?得するための方法をご紹介!

皆さんこんにちは!minablog管理人のみなです。

 

今日は前澤前ZOZOTOWN社長が千葉県館山市に20億円の寄付を行ったことでも話題となったふるさと納税についてご紹介します。

ふるさと納税制度は、上手く使うことで税金控除を受けることができるほか、各自治体独自の返礼品が届くため、とてもお得な制度ですが、制度内容が難しくて手を出せない方も多いのではないでしょうか。

制度さえしっかり理解すれば簡単に申込ができますので、制度内容や申込サイト、そして最もお得な自治体について学びましょう!

ふるさと納税について深く理解したい方に向けて、「これから始める人のふるさと納税らくらくガイド」など書籍も多く販売されています。合わせてご覧ください。

f:id:mkmkblog:20191226150116j:plain

目次

 

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、「自分の好きな自治体に寄付をすることができる」という制度です。

生まれた地域やゆかりのあった自治体でなくても、なんとなく好きだからという理由で関係のない自治体に寄付することも可能です。

 

ふるさと納税がなぜ脚光を浴びたかというと、寄付額に応じた返礼品を受け取ることができるからです。

総務省の規定により、返礼品の額は寄付額の3割までを返礼品として受け取ることができますので、10,000円寄付した場合は3,000円相当(もしくはそれ以下)の返礼品を受け取ることができます。

ふるさと納税を正しく理解すると、返礼率(寄付額に対する返礼品の額)が高い自治体を選んで、より得をすることも出来るようになります!

 

そしていちばん覚えてほしいことは、寄付金のうち2,000円を超える部分については所得税の還付・住民税の控除を受られるという点です。

所得税・住民税について詳しく見ていきましょう。

所得税の還付について

所得税の還付金の算出については「ふるさと納税で支払った金額ー2,000円)×所得税」で計算されます。

 

所得税率》 ➢所得に応じて所得税率が変わります。

195万円以下              = 5.105%(復興特別所得税

195万円より多く330万円以下  = 10.21%(復興特別所得税率)

330万円より多く695万円以下  = 20.42%(復興特別所得税率)

695万円より多く990万円以下  = 23.483%(復興特別所得税率)

900万円より多く1,800万円以下  = 33.693%(復興特別所得税率)

1,800万円より多い         = 40.84%(復興特別所得税率)

 

この復興特別所得税率というのは、東日本大震災の復興のために2013年に創設された税で、2037年まで全ての納税者が支払わなければならない税金です。

復興特別所得税の計算方法は「所得税額×2.1%」とされています。

 

例えば、所得金額が600万円のサラリーマンが10,000円をふるさと納税で寄付したとすると、

(10,000-2,000)×20.42%=1,633円

この1,633円が所得税から還付されます。

 

《注意点》

所得税還付対象のふるさと納税額は総所得の40%と定められています。

また、ふるさと納税によって寄付をしたことを確定申告で申し出をしないと還付を受けられない点にも注意が必要です。

 

住民税の控除について

次に住民税控除の算出方法と控除上限額についてご紹介します。

《住民税控除の算出方法》

①基本分

 (ふるさと納税で支払った金額ー2,000円)×10%

②特例分

 (ふるさと納税で支払った金額ー2,000円)×(90%ー所得税の税率)

 

特例分とは、ふるさと納税ワンストップ特例の申請者が対象となります。

ワンストップ特例だと確定申告不用で住民税控除分と所得税還付分の税額控除を受けることができます。

ただし、基本のやり方にしてもワンストップ特例にしても税額控除額は同じとなります。

ワンストップ特例の詳細はこちら。

www.furusato-tax.jp

 

また、住民税控除の上限も定められており、総所得の40%が目安となっていますが、家族構成などさまざまな要因で上限が変わってきますのでご注意ください。

f:id:mkmkblog:20191226150145j:plain

申込サイトはどこを使えばいい?

大手IT企業などがふるさと納税ポータルサイトに参入していますが、サイトによって条件が異なります。

いろいろなサイトを見たうえで使うサイトを決めましょう。

ふるさとチョイス

いちばん有名なふるさと納税ポータルサイトです。

このサイトに掲載している自治体数はなんと1,400以上とのことで、一人勝ちしています。

本当に多くの情報が載っているため選ぶのが大変かもしれませんが、希望に沿った返礼品が必ず見つかるはずです。

www.furusato-tax.jp

さとふる

CMでよく見るふるさと納税ポータルサイトですね。

たしか中条あやみさんとか東京03さんがCMに出演していたと思います。

掲載自治体は700程度とのことであまり多くはありませんが、さとふるの特徴はイオンを連携しているということです。

さとふるでふるさと納税を申込、イオンカードで一括クレジット払いをするとときめきポイントが20倍になるとのこと!

かなりお得ですよね。

こちらのキャンペーンは2020年1月1日から1月31日まで行っています。

www.satofull.jp

楽天ふるさと納税

楽天がやっているとのこともあって安心感がありますし、寄付によって楽天スーパーポイントも付くので楽天ユーザーには一押しです。

掲載自治体は800程度とさとふるよりちょっと多いくらいです。

スーパーセールでポイント〇倍!のときは同じように寄付によってポイントがたまるので、使い方によっては普通より得することができますよ。

event.rakuten.co.jp

 

人気の自治体はどこ?

ふるさと納税で人気の自治体は一体どこなのでしょうか。

ふるさと納税ポータルサイト ふるさとチョイスのランキングベスト3を見てみましょう。

ランキングは2019年12月26日時点です。

第1位 南波商店の第2弾!600g旨とろの吟粒いくらしょうゆ漬け4P小分け

北海道寿都町の10,000円の寄付の返礼品です。

北海道産のいくらっていうだけで美味しそうな気がしますよね!

秋鮭いくらを贅沢に使ったしょうゆ漬けは絶品です。

 

第2位 佐賀産和牛切り落とし1200g(600g×2P)

佐賀県上峰町の10,000円の寄付の返礼品です。

全日本牛枝肉コンクール最優秀名誉賞をとったほどの和牛で、脂がのっていて口の中でとろけます。

1200gも入っているので家族で楽しめます。

 

第3位 GI「東根さくらんぼ」佐藤錦1kgバラ詰め

山形県東根市の14,000円の寄付の返礼品です。

佐藤錦の名産地といえば山形県

山形県東根市のJAから直送されるさくらんぼはびっくりするほど甘くておいしいこと間違いなしです。

 

まとめ

今回はふるさと納税の制度や得するための方法についてご紹介しました。

ふるさと納税制度とポータルサイトを選ぶことで通常よりもお得に返礼品を受け取ることができます。

控除額の算出や制度概要は難しいと思いますが、いったん覚えてしまえば返戻金と税金控除を使いこなすこともできます。

私は「これから始める人のふるさと納税らくらくガイド」という本で覚えたので、ぜひ理解を深めたい方は書籍もご覧ください。

 

関連するブログ

・みずほのブログ さん

mhli.hatenablog.com

こういうふるさと納税の使い方はアリだなと思ってしまいました!

ふるさと納税を上手く活用して飲むプレモルはいいな~☺

 

・モヒカンは正義 さん

blog.pinkumohikan.com

ふるさと納税を活用して全国食めぐり!

ご紹介されている2つの食材はとっても美味しそうでした。