minablog

hugo/github/wordpress/プログラミング言語/美容/ビジネス/マーケティングなど、ミレニアム世代やZ世代に有益な情報を共有するブログ。

ストレスとの正しい向き合い方とは?自分に合ったストレス解消法を探そう

仕事をするうえで避けては通れないのが、ストレスとの向き合い方です。

他人と関わる仕事であればあるほど、自分の思い通りにならなかったり、気を使ったりしてストレスを感じる場面は多くなります。

 

そんなとき、皆さんはどのようにしてストレスを発散してるでしょうか?

日々溜まっていくストレスと上手に付き合っていかないと精神的に辛くなってしまい、普通の生活を送ることができなくなる場合もあります。

そこで今回は、ストレスとの正しい向き合い方やストレス解消法についてみていきましょう。

f:id:mkmkblog:20191209131618j:plain

目次

 

「ストレスを感じる」とはどのような状態を指すのか

私たちは日常的にストレスという言葉を使っていますが、「ストレスを感じる」とはどのような状態を指すのか考えたことはありますか?

ストレスという言葉は、カナダの生物学者 ハンス・セリエが唱えたストレス学説からとったものです。

ハンスによると、ストレスとは外部環境からの刺激によって起こる歪みに対する非特異的反応のことを指し、ストレスを感じる要因は複数あることを唱えました。

環境的要因

雷や豪雨などの天候/電車や車などの騒音

心理的要因

強すぎる不安/悩みすぎ

社会的要因

対人関係/重圧や責任

身体的要因

病気や先天性障害がある/身体の一部に強いコンプレックスがある

 

これらの要因に突き当たったとき、皆さんはまず適応しようと努力するはずです。

恐怖を感じるほどの悪天候であれば外出しないよう行動し、責任や対人関係で悩むときも初めは必ず適応しようと行動しています。

しかし、適応しようとする過程のなかでエネルギーを消費し、疲弊することでストレスとなり心身の負担になってしまいます。

 

適度なストレスは良いこと?

じゃあストレスが全くない状態が幸せかというと、実はそうではありません。

過度にストレスを感じる環境に身を置いているのであれば今すぐ抜け出す必要がありますが、適度なストレスは人生の生きがい・やる気を出させてくれます。

 

過去に実施されたアンケートからストレスと国の繁栄度の関係性について調べてみましょう。

2005年に行われたアメリカの調査会社ギャラップにより行われたアンケートです。

121か国の人に対して「あなたは昨日大きなストレスを感じましたか?」という質問を行いました。

ランキングトップはフィリピン、最下位はモーリタニアという結果となりましたが、着目すべきは前日にストレスを感じた人が多い国ほど、平均寿命やGDPが高いことが分かったのです。

つまり、ストレスを感じる割合と繁栄度は比例しているのです。

 

スタンフォード大学のケリー・マクゴニガル教授は、ストレスがあることで苦痛を感じるだけでなく国家の繁栄にも影響がある状態についてストレスパラドックスという言葉で表現しています。

過度なストレスがかかったときの向き合い方

 

過度のストレスがかかると、知らず知らずのうちに身体が緊張し感情が不安定になる場合があります。

突然イライラする、不安になる、叫びたくなるなど、いつもとは違う感情になっていることに気づいたら、ちょっと身体をほぐしてみましょう。

緊張でこわばっている身体を動かすことで気分も大きく変わってきます。

 

《身体のほぐしかた》

椅子に深く腰掛けて、肩を上下に動かしましょう。

ぐーっと力を入れて肩を上げ、限界に達したらふっと力を抜いて腕をぶらぶらさせます。

これを何回か繰り返し、肩の強張りをほぐすと同時に気分もちょっぴりすっきりしているはずです。

 

慢性的なストレスの解消法

 

日常的にストレスを感じている場合、身体のなかには常にストレスがある状態に陥っています。

そこで、慢性的なストレスを解消するために、自分に合ったストレス解消法を見つけてみましょう。 

趣味を見つける

休みの日に没頭できる趣味を見つけましょう。

特におすすめなのがスポーツ観戦をして程よい緊張感と興奮を味わうことです。

熱中しすぎて勝敗に固執してしまったり熱狂的ファンになってしまうとむしろ悪影響を与えますが、節度を持った観戦はストレス発散に最高です。

自分の好きなチーム・選手を応援して感情を解放してみてください。

f:id:mkmkblog:20200519221233j:plain

泣く

 

少し前から涙活という言葉がはやっていますが、涙を流すことでストレス発散できることが研究によりわかっています。

感動する映画や本を読んだときに感情があふれて涙を流すことがありますが 、これは交感神経が優位になることでまぶたの奥の涙腺が刺激され、涙となって流れます。

この涙には「プロラクチン」や「コルチゾール」などのストレス物質が含まれているため、泣くことでストレスを体外に排出できるのです。

また、涙には麻薬に似た成分も含まれているため、ストレスによって感じる苦痛を和らげる働きも備わっています。

f:id:mkmkblog:20200519221306j:plain

大声で騒ぐ、モノを壊す

大声で騒げる場所へいったり、モノを壊す体験もスポーツ観戦同様に感情を解放してストレス解消することができます。

ただし、むやみに近くのモノを破壊したり突然騒ぎ出したりすることを推奨しているのではなく、正しい場所で行いましょう。

 

近年では、海外では廃車や不要となった電化製品を破壊するアトラクションが人気を博しており、ストレス解消の一環として多くの方が挑戦しているようです。

日本では「REEAST ROOM」というところでモノを壊す体験が出来ますので、ぜひストレス解消したいと思っている方は行ってみてください。

www.jalan.net

 

定期的なストレス解消で楽しい生活を

日常生活において、我慢しがちな人、考え込んでしまう人、ほかの人へ相談ができない人はストレスをため込みやすいと言われています。

適度なストレスはいいことですが、ストレスをためてしまった場合は放置せずに解消するように心がけましょう。

今回ご紹介したストレス解消法はどれも手軽に試せますので、ぜひ定期的にストレスを発散して楽しい生活を送ってくださいね!

 

f:id:mkmkblog:20191209131622j:plain


関連するページ

www.mkmkblog.site

www.mkmkblog.site

www.mkmkblog.site