minablog

hugo/github/wordpress/プログラミング言語/美容/ビジネス/マーケティングなど、ミレニアム世代やZ世代に有益な情報を共有するブログ。

ビジネスパーソンは上質な文具を身に付けましょう【おすすめブランドをご紹介】

皆さんこんにちは!minablog管理人のみなです。

 

皆さんは、仕事が出来るビジネスパーソンが使っている文房具を見たことがありますか?

 

仕事が出来る人は、実は文房具にもこだわりを持っているのです。

 

書きやすさによって仕事の進捗も変わりますし、なによりちょっといい文房具を持っているだけで気分があがりますよね。

 

たかだか文房具といっても世界中で何百もの会社がひしめき合っているなか、本当に使うべき文房具はどれなのか、悩んでしまう人も多いと思います。

 

そこで今回は、社会人が持つべき文具メーカーをまとめました!

f:id:mkmkblog:20191115225421j:plain


 

目次

 

PARKER(パーカー)

こちらは英国王室御用達としても有名なフランスの高級筆記用具メーカーのPARKERです。

 

世界で最も愛されているペンとも言われる超有名メーカーで、日本でも文具店にはほぼ確実と言っていいほど陳列されています。

 

このブランドは1888年にフランスで創業され、革新的な万年筆を作ったことで一躍有名メーカーへと成長しました。

 

そこでインク漏れをなくそうとして開発されたのがボールペン「JOTTER(ジョッター)」です。

 

ペン先が安定していること、インク持ちがいいこと、そして美しいデザインで高級感があることをコンセプトとして作られました。

 

JOTTERが爆発的な人気を得たことで、PARKERが文具メーカーの中で不動の地位を築いたのです。

 

PARKERは主にボールペンと万年筆を扱っていますが、無駄な装飾がついているデザインは一つもなく、総じて美しく高級感あふれる見た目となっています。

 

また、PARKERのクラシックモデルは世界中の収集家にコレクションされているほど長く愛され、世代を超えて使うことができる至高のペンです。

 

PARKER公式サイトはこちら。

www.parkerpen.com

 

CROSS(クロス)

こちらはアメリカで創業した老舗の文具メーカーです。

 

ボールペンやシャープペンの前身を作ったのがこのCROSSで、アメリカで27個の特許、イギリスで7個の特許を取得しています。

 

CROSSの魅力は替芯を使用できることなんです。

 

こだわりを持って買ったペンであれば、インクがなくなっても交換して末永く愛用したいものですよね。

 

CROSSではローラーボール芯・油性ボールペン芯などの替芯を豊富に取り揃えています。

 

リフィルとしては少し高値ですが、値段以上の書き心地を実感することができるでしょう。

 

定番のシリーズは「TOWNSEND(タウンゼント)」です。

 

CROSSの中では最も定番と呼ばれるシリーズで、あのオバマ大統領も愛用しているんだとか。

 

クラシックな雰囲気と落ち着きのある色味が特徴で、デザイン性の高さと書きやすさで多くの人がTOWNSENDを使用しています。

 

CROSS公式サイトはこちら。

www.cross-japan.com

 

FARBER-CASTELL(ファーバーカステル

ドイツの名家であるファーバーカステル家が経営している文具メーカーで、1761年に創業しました。

 

もともとは鉛筆を作っているメーカーで、鉛筆の長さ、太さ、硬度の基準を確立したことで、今もなおこの基準は世界中で使われています。

 

FARBER-CASTELLは色鉛筆やクレヨンなどの芸術部門で使われる文具とデザイン性の高い万年筆やボールペンなどのペン部門に分かれています。

 

芸術部門の文具は非常に定評があり、書きやすさと発色の良さによって多くの芸術家に使用されてきました。

 

万年筆やペンは落ち着きのあるシンプルデザインが多く、ビジネスシーンで使用しても邪魔にならないデザインです。

 

FARBER-CASTELLが有名になるきっかけとなった「カステル9000番」の鉛筆は、誕生から90年以上たっていますが変わることなく人気を集めています。

 

FARBER-CASTELL公式サイトはこちら。

www.faber-castell.jp

 

トンボ鉛筆

こちらは日本の老舗文具メーカーで、創業からなんと100年以上の歴史を誇っています。

 

MONO消しゴムで有名になりましたが、高品質な鉛筆のラインナップも充実しており、世界中に販売拠点を置く日本を代表する文具メーカーとなりました。

 

トンボ鉛筆が販売している高品質鉛筆「8900(愛称:ハチキュー)」は誰もが見たことがある緑色の鉛筆です。

 

1945年に販売されて以来ロングヒットを続けており、2011年にはグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞しています。

 

そして、高すぎない価格帯で書きやすさ抜群の水性ボールペン「ズーム505BW」は1986年以降愛され続けているトンボ鉛筆の代表作です。

 

適度なグリップの太さと筆記バランスが手にしっくりとなじみ、普段使いにぴったりのボールペンです。

 

トンボ鉛筆公式サイトはこちら。

www.tombow.com

 

まとめ

いかがでしたか?

 

世界中にある文具メーカーのなかでも長年トップに居続ける4社を紹介しました。

 

今回は世界中で名が知られている大手のメーカーばかりを紹介しましたが、毎日身に着けて持ち歩く文房具は、こだわり抜いた至高の1本を持ちたくなりませんか?

 

自分の好みに合ったものをじっくりと見て、持っているだけで気分があがる文房具を探しましょう!

 

関連するブログ

・本と文房具とスグレモノ さん

www.fumihiro1192.com

 

・(旧)カクかく さん

pi-suke.hatenadiary.jp