minablog

hugo/github/wordpress/プログラミング言語/美容/ビジネス/マーケティングなど、ミレニアム世代やZ世代に有益な情報を共有するブログ。

会社勤めをしながら個人事業主として働く方法【副業のすすめ】

皆さんこんにちは!minablog管理人のみなです。

 

皆さんは働き方改革によって副業が解禁されたことをご存じでしょうか。

 

政府が規定するモデル就業規則の改訂副業・兼業に関する規定を新設したことによって、2018年は「副業元年」と呼ばれるほど大きな動きがありました。

 

会社勤めをしながらも起業家として働けるようになった今の時代。

 

安定した収入を得つつも新しいビジネスにチャレンジする方法をご紹介します。

 

f:id:mkmkblog:20191227153427j:plain

目次

 

働き方改革で副業・兼業解禁

2017年3月28日、働き方改革実行計画が制定され、副業・兼業の普及促進を図っています。

 

その後、2018年1月に副業・兼業の促進に関するガイドラインとして、現行法令に則って企業や事業者が副業・兼業をどのように対応するかをまとめたガイドラインが制定。

 

合わせてモデル就業規則も改訂され、労働者の遵守事項である許可なく他の会社等の事業に従事しないことという削除して副業・兼業に関する規定を新設されました。

 

これに伴い、各企業では副業禁止としていた規則を撤廃し、個人の副業・兼業活動が活発化しているのです。

 

事前に確認すること

個人事業主となる前に、まずは会社の就業規則を確認しましょう。

 

働き方改革によって副業禁止の撤廃が加速しているのは事実ですが、企業によってはいまだに副業・兼業が禁止となっている可能性があるからです。

 

本当は会社の人事部門に確認を取るのがベストです。

 

また、業種によって副業が禁止されている場合がありますが、公務員はその代表格と言えます。

 

公務員は税金で雇用されている立場にあるため、副業によって本業に支障が出ることは公務遂行上の問題があるということで、法律に定められています。

 

将来的には副業が解禁される話も浮かんでいますが、現時点では例外を除けば副業NGです。

 

どの業種においても、副業が許可されているかどうか確認してから行動に移りましょう。

 

個人事業主になる方法

副業による収入が少ない場合は開業届を出す必要はありませんが、収入が増えてきた際には届を提出したほうが良いです。

 

売上から経費を引いた分が所得として手元に残りますが、その所得が290万円を超えると事業税という税金がかかります。

 

せっかく所得が増えたのに事業税で引かれてしまうのはもったいないですよね。

 

開業届を出して青色申告を行うと税金が控除されますので、所得が増えてきた場合には個人事業主として開業届を提出しましょう。

 

提出方法について、国税庁のホームページに詳しい手順が記載されています。

www.nta.go.jp

 

副業におすすめのビジネスモデル

副業におすすめのビジネスモデルの基本は”場所を選ばず、インターネットさえあれば作業できるもの”です。

 

数ある副業から、今回は特別なスキルがなくてもできるものを厳選してみました。

 

覆面調査員

何をする仕事なのかというと、クライアントから指定された飲食店へ一般客として行って接客の様子や店員の態度、提供される飲食の質などをチェックする役割を担います。

 

特に全国チェーンの飲食店は店舗によって提供されるサービスの質が違うことは許されず、一定の質を保たなければなりません。

 

したがって、覆面調査員として調査をすることで各店舗の現状を把握する手助けをするサービスです。

 

調査代として報償が出るほか、調査によってかかった飲食経費を保障してくれる会社がほとんどなので、隙間時間に楽しみながら働けます。

 

Youtuber

現代の子供たちの人気職業となったYoutuber。

 

Youtubeは特別な知識がなくても、ネット環境とスマホさえあれば誰でも配信することができます。

 

人気Youtuberになるためには初期投資をして高性能なカメラと動画編集ソフトが必要になる場合がほとんどですが、やり方次第では本当にスマホ1台で高収入を見込むことも可能です。

 

Youtuberは費用をかけずに収入を得る副業のトレンドとして大人気です。

 

ライター

ライターは家庭を持っている女性に人気の副業です。

 

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトで多く募集が出回っており、仕事の供給量が多いことも魅力です。

 

インターネットとパソコンがあって、文章を書くことが得意な方ならすぐにでも始めることができます。

 

文字の量に応じて価格が設定されていることが多く、大体1文字あたり0.1円~2.0円など価格設定も依頼主によるため、文字単価の高い案件を受注すれば 月5万以上稼ぐことも可能です。

 

ビジネスの可能性は無限大

会社勤めをしながら個人事業主として働くことは並大抵のことではありません。

 

平日は会社員として決まった時間に出退勤をしなければならず、たいてい副業を行うのは休日になります。

 

しかし、ビジネスの可能性は無限大です。

 

元スタート・トゥディの前澤友作のように、最初は輸入ビジネスからスタートして日本最大級のファッション通販サイトを作り上げた実業家もたくさんいます。

 

会社に勤めているから

 

時間がないから

 

このような言い訳はもう通用しない時代となり、出来る人は次々にビジネスを起こしています。

 

ぜひ安定収入を得つつも自分のやりたいことができるチャンスをものにして、ビジネスを成功させましょう!

 

また、副業とは違って複数の仕事をすべて本業として両立させる複業について、こちらの記事に記載しています。

www.mkmkblog.site

 

f:id:mkmkblog:20191115230418j:plain

関連するブログ

・僕とネットショッピング さん

hardshopper.hatenablog.com

はてなブログが副業となっている方の記事です。

このように副業のかたちは多岐にわたっており、自宅でも簡単に収入を得られるようになっています。

 

nomad journal さん

nomad-journal.jp

サラリーマンでも出来る副業リストとして数多く掲載されています。

開業するアイディアがまだ浮かんでいない方はぜひこちらを参考にしてみてください。