minablog

hugo/github/wordpress/プログラミング言語/美容/ビジネス/マーケティングなど、ミレニアム世代やZ世代に有益な情報を共有するブログ。

行くぜ、東北。冬のごほうびを探すための祭り・イベント3選!

皆さんこんにちは!

minablog管理人のみなです。

寒い日が増えてきて、いよいよ冬本番になりましたね!

冬になると朝起きるのがつらくなって憂鬱になることが増えますが、東北には楽しいことがたくさんありますよ!

今回は、東北の冬のご褒美について紹介します!

 

f:id:mkmkblog:20191219160715j:plain

秋田県男鹿市 なまはげ紫灯まつり

秋田県男鹿市の伝統的なまつりで、紫灯(しが)まつりと言います。

昭和39年から始まったこのお祭りは、900年以上前から行われている「紫灯祭」となまはげを合わせて作った新しいお祭りです。

本来は12月31日の大みそかなまはげを行うのが伝統ですが、それをお祭りとして毎年2月第2金、土、日曜日に行われています。

 

なまはげとは、地域住民が仮面をつけて来訪神となり、「わるいごはいねが~、なぐごはいねが~」と言いながら町内を練り歩く行事です。

基本的には子供がいる家に訪れ、子供が悪さをしたり意地悪をしないように律します。

大人が見てもびびってしまうくらい怖い仮面をつけていますから、なまはげが家に来るとなると子供たちが一気に礼儀正しくなるそうですよ。

 

「来訪神:仮面・仮装の神々」としてユネスコ無形文化遺産に登録されているほか、みちのく五大雪まつりにも指定されています。

 

青森県八戸市 八戸えんぶり

八戸えんぶりとは、大地に祈りをささげて春からの豊作を願う伝統芸能です。

発祥は諸説あるようですが、鎌倉時代から始まったようです。

男性が馬の頭に見立てた烏帽子を被って頭を振る舞を披露するほか、小学生から高校生の子供が祝福芸を披露します。

ちなみに、烏帽子を被って舞をすることを「摺る」というそうです。

 

えんぶりは組によって歌の節回しや衣装、舞い方にも違いがあります。

八戸市内だけでも27組のえんぶり組があり、八戸周辺の町村にもえんぶり組が存在するのだとか。

全部のえんぶり組を数えると相当な組数になるということで、古くから地域の人に愛されている芸能ということがわかります。

 

八戸えんぶりは毎年2月17,18,19,20日に開催され、八戸市中心市街地でえんぶりぐみ27組が一斉に舞う「一斉摺り」が見ごたえばっちりですよ!

国指定重要無形民俗文化財に指定されています。

 

f:id:mkmkblog:20191219160734j:plain

福島県三島町 雪の火のまつり

東北の雪まつりの中でも異色を放つお祭りです。

雪が降る寒空の下で巨大な火柱を起こすこのお祭りは「三島のサイノカミ」という伝統芸能です。

五穀豊穣、無病息災、安全祈願の神事として行われており、起源は定かではありませんが1685年に始まったと言われています。

なんと340年近く続いているとか!

平成20年に国指定重要無形民俗文化財に指定されています。

 

番外編:新潟県津南町 つなん雪まつり

正確にいうと新潟県は東北ではありませんが、幻想的な雪まつりが開催されているのでご紹介します。

つなん雪まつりは国内最大級のスノーボードストレートジャンプ大会「SNOW WAVE」とスカイランタンの2つのイベントが開催されます。

SNOW WAVEは日本最大といっているだけあって国内有数の有名スノーボーダーが集結します。

男性部門と女性部門、それぞれハイレベルでダイナミックなジャンプが期待できます。

 

そして最も有名なのがスカイランタン!

ディズニー映画のラプンツェルの世界に入り込めるとして話題になっています。

ランタンを上げるためのチケットは毎回完売で、今年もすでに完売しているとのことです。

国内の旅行業者がさまざまなツアーを販売していますが、そちらもほとんど完売しているとのことです。

見る分にはチケットは必要ないので、フォトジェニックで幻想的な雰囲気をぜひお楽しみくださいね。

 

f:id:mkmkblog:20191219160824j:plain

まとめ

今回は東北の冬に焦点を当てて祭り・イベントをご紹介しました。

やはり東北は冬が厳しい分、五穀豊穣や安全祈願の伝統芸能が多い印象がありました。

そして、どのお祭りも本当に長く続いているんです!

300~400年続くのは当たり前、900年続くものもあります。

そんな伝統のある祭り・イベントをこの目で見て感動を味わいたい方は、ぜひ東北に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

関連するブログ

・知識の塵の中に蟄居していても宇宙の秘密を知悉することはできない さん

papurutentakuru2.hatenablog.com

ご紹介した八戸えんぶりの素敵な写真がたくさん掲載されています。

子どもたちの祝福芸もぜひご覧くださいね。

 

・秋田の非公認親善大使「犬っこ」 さん

blog.aplan-ning.com

秋田県職員の方のブログなので、信ぴょう性はとても高い!

秋田愛に溢れている方で、なまはげ紫灯まつりについてご紹介されていますよ。