minablog

hugo/github/wordpress/プログラミング言語/美容/ビジネス/マーケティングなど、ミレニアム世代やZ世代に有益な情報を共有するブログ。

「リモートワークで業績アップ」 在宅勤務で成果を上げるコツ5選

新型コロナウイルスの影響でリモートワークになった方も多いのではないしょうか。

リモートワークは出勤しなくてもいいので、通勤時間を使ってほかのことが出来る一方で、仕事ぶりを上司に見てもらえない分、1日の成果をどのように報告すればいいかわからない問題もありますよね。

 

リモートワークをする際には、普段職場で行っている仕事に加えて、ちょっとしたコツが必要です。

コツさえつかめれば、リモートワークをする方が効率的に仕事ができ、業績アップにもつなげることができます。

そこで今回は、リモートワークで成果を上げるコツを見ていきましょう。

f:id:mkmkblog:20191125133157j:plain



目次

 

リモートワークって不安が多い

皆さんは、リモートワークをすることに対して不安はありますか?

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

KOH(@koh.interior)がシェアした投稿 -

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

louis(@hide_louis)がシェアした投稿 -

 

リモートワークで勤務をしている方のなかには、突然リモートワークとなったため、会社側も自宅側も準備が整っていない方が多く、さまざまな不安や悩みが出てきています。

 

日本と世界のリモートワーク普及率

まずはリモートワークの普及率について学んでいきましょう。

2017年時点(コロナウイルス発生前)、リモートワークの普及率に関する総務省の調査結果を見てみます。

 総務省の平成29年度通信利用動向調査によると、我が国の企業におけるリモートワークの導入率は13.9%である。また、リモートワーク導入企業のうち、在宅勤務の導入率は29.9%、モバイルワークの導入率は56.4%、サテライトオフィスの導入率は12.1%である。

 通信利用動向調査によると、リモートワーク導入企業はゆるやかな増加傾向にある。

つまり、 日本企業の中では1割ちょっとの企業しかリモートワークを導入していないものの、緩やかな増加傾向にあることがわかりました。

一方、世界のテレワーク事情を見てみると、およそ5人に1人(17%)がリモートワークを行っています(2011年度調査)。

日本と世界を比べてみると、世界のほうが5%ほどリモートワーク普及率が高いものの、そこまで大きな差がないんですね。

www.soumu.go.jp

 

コロナウイルス後のリモートワーク普及率

コロナウイルスが蔓延したことによる外出自粛のため、リモートワークの普及率は急激に増加しています。

2020年4月上旬の調査によると、約27%の企業がリモートワークを実施しています。

2017年の調査に比べるとおよそ2倍

かなりの企業がリモートワークに踏み切り、他者との接触を8割削減を達成しようと努力しています。

 

リモートワークとテレワークの違い

在宅勤務のことを表すリモートワークとテレワーク。

よくこの2つの言葉が使われますが、言葉自体に大きな差はありません。

 リモートワーク:会社ではない場所で働く勤務形態

 テレワーク:ICTを活用して時間・場所にとらわれない仕事の仕方

ちょっとしたニュアンスの違いがあるものの、リモートワークとテレワークは同じ意味です。

リモートワークで成果を上げるコツ

それでは早速、リモートワークでも成果を上げるコツを見ていきましょう。

 

リモートワークのコツ① 社員全員で使えるチャットアプリをダウンロード

リモートワークでなにが一番大変かというと、ほかの社員との交流が全くなくなってしまうことです。

ちょっとした案件の場合、電話やメールをするのもはばかられることってありますよね。

そんなとき、チャットアプリをダウンロードしておくととても便利です。

メールをするよりも気軽にメッセージが送れてカジュアルなコミュニケーションをとるのに最適です。

 

おすすめは、世界中で利用者が増加しているビジネス向けチャット「Slack(スラック)」

聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

LINEやFacebookのMessengerのようにパーソナルな情報が出ることなく、ビジネスで利害関係のある方と繋がれます。

有料プランもありますが、基本的には無料で使えるツールなので、ぜひ社員全員でダウンロードして活用してみてください。

slack.com

 

リモートワークのコツ② ガントチャートを使って進捗を管理

リモートワークをする上で大きな悩みとなるのが、仕事の成果を正しく評価してもらえないことです。

そんなときに使ってほしい仕事術が「ガントチャート」を活用することです。

 

ガントチャートとは、事業の進捗を管理するための表のことで、

・〇月〇日はこの仕事を終わらせる

・〇月〇日までにこの工程に進む

といったやることリストが目に見えてわかります。

1週間、もしくは1か月分のガントチャートを事前に上司に提出し、それに沿って仕事を進めることで、成果を「見える化」できる上に自分自身のToDoリストとしても活用可能です。

 

ガントチャートの詳しい記事はこちら

teamhackers.io

 

リモートワークのコツ③ 1日1回の雑談タイム

あまり重要視されていないものの、とても大切なのが同僚・上司と雑談をすることです。

リモートワークのコツ①でご紹介したチャットアプリやテレビ電話を使って、1回は雑談をするようにしましょう。

 

リモートワークになると他者との交流が減るため、精神的に不安定となる場合があります。

不安定となる兆候をお互いに把握する、もしくは不安定にならないための対策としての雑談はとても有効です。

 

リモートワークのコツ④ ホテルのデイユースを活用する

リモートワークが増えたビジネスパーソンを応援することを目的として、ホテルのデイユースプランが人気となっています。

ホテルだったらWi-Fi環境が完備されているほか、お昼にはデリバリーを頼んだりホテルランチを楽しむことができる利点があります。

また、家族に邪魔をされずに仕事に集中できるのがとても便利ですよね。

 

実際にアパホテルのテレワーク応援プランを使ったレポートはこちら

www.watch.impress.co.jp

 

リモートワークのコツ⑤ デスク周りを快適にするグッズを活用する

自宅のデスク周りを整えれば自然と気分も上がってくるものです。

快適に仕事ができる便利グッズを活用して、業績アップに繋げましょう!

リモートワークで話題になっているグッズの一部をご紹介します。

 

LOWYA 書類チェスト

リモートワークが長くなってくると増えてくるのが書類です。

書類が机の上に散乱していると作業効率が悪くなるだけでなく、子どもやペットに荒らされてしまうこともあります。

そこで活躍するのが、トレンド感のあるインテリアが人気のLOWYA(ロウヤ)の書類チェストです。

インテリアを壊すことのないシンプルなデザインと収納力の高さがポイントです。

G-AIR オフィスチェア
一日中座って仕事をするからこそ、オフィスチェアは身体に負担のかからないものを使いたいですよね。
税込み5,000円以下で買えるコスパながらも機能性は抜群の「G-AIR オフィスチェア」をぜひチェックしてください。
累計120,000台爆売れした伝説の商品で、楽天市場のオフィス家具ランキング1位を獲得している実力派です。
ノートパソコンスタンド
ついつい姿勢が悪くなりがちなデスクワークでは、パソコンスタンドを使うと快適に仕事が出来ます。
持ち運びができるサイズなので、リモートワークが終わった後も職場にもっていって使えます。
メッシュになっているため熱がこもりにくく、パソコンにも優しい設計となっています。

コツを覚えて快適な仕事をする

リモートワークはコツさえ覚えてしまえば成果を上げることができます。

もっと突き詰めていくと、リモートワークのほうが作業効率が上がって業績がアップした会社もありますので、ぜひこの機会にリモートワークに慣れていきましょう!

 

関連するページ

www.mkmkblog.site

www.mkmkblog.site

www.mkmkblog.site