minablog

hugo/github/wordpress/プログラミング言語/美容/ビジネス/マーケティングなど、ミレニアム世代やZ世代に有益な情報を共有するブログ。

ローマ法王とは何をする人?来日スケジュールとともに紹介します!

2019年11月23日から26日まで来日し、日本各地で演説やミサを行うローマ法王

今回の来日で被爆地である広島や長崎、そして東京で多くの人に会う予定になっています。

 

普段は日本とあまりなじみのないローマ法王ですが、なにをしている人なのでしょうか。

ローマ法王の決め方や普段の業務、そして今回の来日スケジュールについてご紹介します。

 

f:id:mkmkblog:20191125081243j:plain

ローマ法王って何をする人?

皆さんはローマ法王とは何をする人か知っているでしょうか。

ローマ法王は、カトリック教会の最高位を示す称号で、ローマ法王バチカン市国の首長となります。

現在のローマ法王は第266代 フランシスコ教皇です。

日本のテレビではよくローマ法王ローマ教皇と混ざって報道されていますが、本来推奨されているのはローマ教皇です。

 

ローマ教皇の仕事はバチカン市国の首長となるため、国会を動かすための政府(国務省など9つの省庁)の責任者、その他関連する部局の責任者をしています。

また、今回の来日のように教皇自身が外交を行い、世界各地の国を訪れて世界平和やカトリック教に関する演説・ミサを開催します。

 

カトリック教とはどのような宗教なのか

カトリック教は全世界に12億人以上の信者がいると言われているキリスト教宗派の1つです。

キリスト教なので、やはり崇拝しているのはイエス・キリストです。

そしてカトリック教会の聖典には第一聖典と第二聖典の二種類があります。

 

・第一聖典キリスト教における聖書(プロテスタントも聖書として認めています。)

・第二聖典:第一聖典より後に聖書として認められた

 

カトリック教会では第一聖典も第二聖典も聖書として認められていますが、プロテスタントは第二聖典を聖書として認めていません。

 

そしてカトリックプロテスタント共通の思想とすれば、キリスト教を信仰し、善い行いをして神に祈れば天国へ行けると語っているところですね。

 

f:id:mkmkblog:20191125081429j:plain

ローマ教皇はどのように選出されるのか

ローマ教皇を選出するときには壮絶な儀式が執り行われます。

それがコンクラーベです。

このコンクラーベって相当根気がいる儀式なので、個人的には根競べ=コンクラーベとして覚えています。

 

さて、コンクラーベの儀式についてご紹介しましょう。

コンクラーベは、世界中にいるカトリック教会の枢機卿が礼拝堂の中に隔離され、次のローマ教皇はだれがいいか、話し合いをしたうえで推薦で選出される儀式です。

2018年5月の時点では、世界中にいる枢機卿は213人います(うち、日本人の枢機卿は6名)。

 

推薦をするときは紙に推薦者の指名を記入のうえ票を投じ、必要票数を集めた枢機卿ローマ教皇となります。

必要票数を集められない場合は再投票となり、決まらないときは何日も礼拝堂にこもったまま投票をすることに…。

先ほど根競べといったのはこのためで、決まるまで枢機卿は神経をとがらせなければなりません。

 

ローマ教皇の来日スケジュールとは?

今回のローマ教皇来日はなんと38年ぶりとなります。

2019年11月23日(土)から11月26日(火)までの4日間です。

 

23日(土)は羽田空港に到着した後は特に予定はなく、明日からの過密スケジュールに備えて休まれるのでしょう。

24日(日)は東京を出発し、原爆被災地の広島・長崎を訪問し、広島の原爆ドームを前に、平和と核廃絶に関する演説を行いました。

25日(月)は東京に戻り、東日本大震災の被災者と懇談を行い、天皇陛下に謁見されます。

午後には東京ドームでの大規模ミサを行い、その後安倍総理との会談、そしてそのまま官邸内で要人との会談です。

26日はプライベートのミサを行ったうえで羽田空港からローマへ帰国する予定です。

 

このように書いてみると超過密スケジュールで体力的に心配になるほどです。

ローマ教皇フランシスコはかなりの高齢なので、無理することなくスケジュールをこなしていただくことを祈っています。

 

f:id:mkmkblog:20191125081546j:plain

まとめ

今回はローマ教皇についてまとめてみました。

プロテスタントカトリック教会の違いでは、認められている聖典と認められていない聖典があることは少し驚きでした。

そしてローマ教皇を決める方法 コンクラーベはとても大変な儀式だということもわかりました。

今回の来日スケジュールでは、東京ドームでミサを行う予定となっていますね。

 

ちなみに、ローマ教皇に関する詳しいことについては、「天使と悪魔(ダン・ブラウン)」についてますので、ぜひご一読ください。

 

・天使と悪魔(ダン・ブラウン)角川文庫

www.amazon.co.jp

 

関連ブログ

・tokimi-christianのブログ さん

tokimi-christian.hatenablog.com

 

・toobridge 1's diary さん

toobridge1.hatenablog.com