minablog

hugo/github/wordpress/プログラミング言語/美容/ビジネス/マーケティングなど、ミレニアム世代やZ世代に有益な情報を共有するブログ。

【中国の新型肺炎】コロナウイルスの危険性とは?【パンデミック】

皆さんこんにちは!minablog管理人のみなです。

 

今日は連日ニュースで報道されている中国の新型肺炎についてご紹介します。

 

新型肺炎の危険性や致死率、そして世界中で大流行する可能性などについて調べましたのでぜひご覧ください。

 

1月27日追記

政府はコロナウイルスを感染法における”指定感染症”に指定する方針であることが分かりました。

指定感染症になることで、就業制限や入院措置を行うことが可能です。

 

1月30日追記

死者170名、感染者数7,800名を超えました。

SARSを超える感染スピードであるとのことです。

 

2月4日追記

中国政府の発表(2月4日9:00時点)

死者:400名超

感染者:20,000名超

感染のピークはオリンピック直前の4月~6月になる見込みです。

 

f:id:mkmkblog:20191120112630j:plain

目次

 

中国の新型肺炎とは?

今回中国で流行している新型肺炎コロナウイルスによる感染です。

 

2012年にサウジアラビアにては圧政した中東呼吸器症候群MARS(マーズ)や2002年に中国で発生した重症急性呼吸器症候群SARS(サーズ)と同じウイルスされています。

 

特に2002年に発生したSARSは世界的大流行となり、中国を中心として約8,000人が感染し、700人以上が死亡したと発表されています。

 

今回の新型肺炎コロナウイルスの感染とされており、中国や周辺国において約1,200人が感染し、26人もの死者が出ています。(2020年1月25日時点)

 

コロナウイルスの危険性とは?

コロナウイルスの危険性について、出てきたばかりのウイルスのため感染経路やヒトからヒトへの感染の有無、死亡率など、不明な点が多くあります。

 

アメリカの有識者によると、新型コロナウイルスは容易に感染するとの警告もあり、爆発的流行(ブレイクアウトにもつながる危険性を示唆しています。

 

治療法やワクチンもまだ開発されていないため、感染後の治療法についても大きな不安が残っています。

 

感染を防ぐためにはマスクの着用やこまめな手洗いうがい、そして人が多く集まるところや中国人が多い観光地へは行かないよう心がけましょう。

 

日本での感染は?

日本国内の感染状況としては、現在2人の感染が確認されています。

 

1月16日、神奈川県在住の中国人男性の感染が確認

 

1月24日、観光のため来日していた武漢市在住の中国人男性の感染を確認

 

どちらも中国に由来する方が感染しています。

 

日本人の感染は確認されていません。

 

中国春節による旅行者からの感染は?

中国の旧正月とされる春節(1月24日~30日)は、中国人にとってはバカンスの時期となります。

 

春節が始まると中国各地で大規模な祝賀行事を開催し、国民が春節を祝うことが通例となっていますが、今年は祝賀行事自粛が相次いでいます

 

また、感染源とされる武漢市では市民に対して、外出時のマスク着用を義務化したこともわかりました。

 

春節はいつもはお祝いムード漂う中国ですが、今回ばかりは感染拡大を防ぐために厳重な対策が取られているようです。

 

航空会社の対応

日本を代表する航空会社であるANAJALは中国・武漢市からくる旅客機の一部欠航をしたり、客室乗務員のマスク着用などの対策を始めました。

 

武漢市からの旅客機欠航によって2,400人もの春節旅行者が出ています。

 

厚労省の対応

安倍総理大臣は24日、参議院にて「中国のコロナウイルスの感染拡大の防止に向けて全力を尽くす」と発言しました。

 

これに伴い、厚労省では水際対策強化が行われています。

 

 《水際対策》

 ・感染源とされている中国・武漢市を含む湖北省全域で渡航禁止勧告を発令

   ・中国人旅行者で発熱・体調不良がある場合には申し出るようアナウンス

 ・サーモグラフィーによる旅行者の発熱チェック

 

ただし、これらの水際対策では限界があるため、万が一感染拡大した際に有効なワクチン開発に必要なウイルス株を中国に要請をしているということもわかりました。

 

これから海外旅行を検討している人へ

これから海外旅行を考えている人は、コロナウイルスの感染源である中国には近づかないことをおススメします。

 

外務省の海外安全ホームページでは、中国へ行く際の注意ポイントとして以下のことを挙げています。

 

 ・必要がなければ武漢市民へ近づかないこと

 ・不要不急の渡航をやめること

 ・感染防止に努めること

 

外務省の海外安全ホームページはこちらをご覧ください。

www.anzen.mofa.go.jp

 

コロナウイルスに気を付けよう

以前SARSやMARSが世界的に流行したときにはパンデミックという現象が発生しました。

 

Wikipediaでは、パンデミックをこのように説明しています。

ある感染症が、顕著な感染や死亡被害が著しい場合を想定した世界的な感染の流行を表す用語である。 

~中略~ 

現在の世界は、航空機など輸送機関の発達によりパンデミックが起こりやすい状況となっているため、検疫を行うなど感染症流入を防ぐ対策がとられている。

 

このような事態を防ぐためにも、日本への感染拡大を防ぐとともに感染源の特定、ワクチンの開発など、さまざまな問題の解決が急務となっています

 

f:id:mkmkblog:20191120112450j:plain

関連するブログ

・木走日記 さん

kibashiri.hatenablog.com

コロナウイルスに関する信ぴょう性の高い記事です。

独自の見解も書かれており、とても勉強になる記事でした。

 

・幸吉ブログ さん

kimama-brog.hatenablog.com

コロナウイルスに感染しないための予防策について詳しく書かれています。