minablog

hugo/github/wordpress/プログラミング言語/美容/ビジネス/マーケティングなど、ミレニアム世代やZ世代に有益な情報を共有するブログ。

5月病にかからないための対策とは【原因や予防方法も】

 こんにちは!minablog管理人のみなです。

 

4月から新年度が始まり、社会人の方も学生の方も毎日忙しく過ごしている方が多いのではないでしょうか。

バタバタした4月が過ぎて5月に入るとなぜか無気力でなにもしたくない…。

こんな気分になってしまうことはありませんか?

そう、5月病です!

 

何もしたくなくなってしまい、ただ家で毎日だらけて過ごすのはもったいないですよね。

そこで今回は、5月病になる原因を解明しながら対策や予防法についてご紹介します。

 

f:id:mkmkblog:20191227153427j:plain

目次

 

5月病になる原因

なぜ5月病になってしまうのか、原因を詳しく見ていきましょう。

5月病はWikipediaでこのように書かれています。

5月病とは、新入社員や大学の新入生や社会人などに見られる、新しい環境に適用できないことに起因する精神的な症状の総称である。

 

つまり、新年度の新しい環境になったことによるストレスや疲労から無気力状態になってしまうのです。

新入社員や新入生に限らず、部署の移動や転職によって発症することもあります。

 

実は5月病を甘く見てはいけません。

5月病の症状は軽いうつ状態になっており、さらにストレスや疲労を蓄積することによって本当にうつを発症してしまう場合や精神的に参ってしまうこともあります。

 

5月病によって発症するリスクが高まる病気

うつ病

適応障害

・パーソナリティ障害

パニック障害 など

 

5月病の判断基準は?

自己判断の基準となるチェックシートを参考にして、5月病になっているかどうか確認しましょう。

 

《チェックシート》

□眠れない

□イライラする

□不安を感じる

□出勤/登校が辛いと感じる

□寝ても疲れが取れない

□ミスが増えた

 

このチェックシートのうち4つ以上が当てはまる場合、5月病にかかっている可能性が高いです。

 

5月病になったと思ったら

5月病だと感じたら、まずは十分な休養を取りましょう。

そして本当につらいと感じた場合は、心療内科や精神科、神経内科へ相談に行くことをおすすめします。

たかが5月病といって侮っていると、大きな病気につながってしまう可能性がありますので、病院へかかるのもひとつの手ということを覚えていてください。

 

また、周囲の人が5月病になっていると感じた場合はしっかりサポートしていきましょう。

大きな病気になって職場や学校に出てこれなくなることがあります。

自分で気づかないで周りの人からの指摘でやっと気づいた、という人もいますので、自分以外にも目を配っていければいいですね。

 

5月病の予防方法とは?

5月病はストレスや疲労をため込まないようにすることで予防できます。

 

《5月病になりやすい人の特徴》

・責任感が強い

・年度初めにやる気を出しすぎていた

・周囲の目が気になる

・頼まれたことを断れない

 

このような方は5月病になりやすいことを自覚して、最初から頑張りすぎないことを心掛けてみてください。

最初からすべて完璧にできる人間は本当に一握りなので、まずはゆっくりと環境になれていくことを目標としてみてはいかがでしょうか。

 

5月病になったときの対策は?

予防したけど5月病になってしまった場合、対策としていちばん有効なのが休息をとることです。

ストレスと疲労が大きく関係していますので、まずはそれらの原因となっていることから距離をおいて、心を休める時間が必要です。

 

また、生活習慣を改善することで5月病が改善する例も多くあります。

夜寝るのが遅くなってしまったり、ごはんを食べる時間が不規則となったりしている方は要注意です。

生活を整えることが精神的にも良い効果を与えてくれます。

 

休息をとる方法はこちらもご覧ください!

www.mkmkblog.site

 

心と身体を整えて、5月病にならないような対策をとろう

今まで見てきた5月病の症状ですが、だれでもかかってしまう可能性があります。

特に新年度はバタバタして自分の体調まで気が回らず、気づいたら身体がだるかったり気持ちが重くなっていたりすることもあります。

 

体力があるから大丈夫と思っていてもちょっとした弾みで気持ちが傾いてしまうことがありますので、まず5月病になったと思ったらなるべく早く休息をとりましょう。

そして、本当に辛くて一人ではどうしようもできない場合には病院へいくことも有効です。

 

たかが5月病と思って侮ることなく、自分の心と身体に向き合いましょう。

 

 新生活に関する記事はこちら!

www.mkmkblog.site

www.mkmkblog.site