minablog

hugo/github/wordpress/プログラミング言語/美容/ビジネス/マーケティングなど、ミレニアム世代やZ世代に有益な情報を共有するブログ。

現職議員が中国企業からの収賄により逮捕!話題のIRってなに?

皆さんこんにちは!

minablog管理人のみなです。

最近ニュースを騒がせているのが、中国の企業から現金を受け取った収賄容疑により逮捕された秋山衆議院議員ですね。

この方はIR関連法案にとても影響力があり、中国企業も秋山議員に賄賂を贈ることによって日本国内でIR事業を展開したかったのです。

IR関連で現職議員が汚職をするのは今回が初めてだったので、かなり報道されていました。

 

この汚職事件の発端ともなったIR関連法案。

カジノ法案と言われることもありますが、いったいどのような法案なのでしょうか。

今回はこのIR関連法案について詳しくご説明します!

 

f:id:mkmkblog:20191125164245j:plain

IR関連法案とは?

IRとはIntegraded Resort(特定複合観光施設)の頭文字をとった言葉で、「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」を省略してIR関連法案と呼んでいます。

簡単に言うと、日本国内で禁止されていたカジノを含む統合型観光リゾートを作って外国人旅行者を獲得しよう!という法律です。

ニュースを見ているとカジノだけをピックアップして報道しているように思いますが、カジノ以外にも高級ホテルやショッピングモール、大規模なコンサートができるようなホールなどを全て包括したのがこのIR関連法案なのです。

 

ちなみに、IR関連法案によって「カジノ面積は全体の3%まで」と定められていますので、 カジノの大きさは皆さんが思っている以上に小さいと思われます。

 

秋山議員が逮捕された理由は?

秋山議員が逮捕された理由はずばり「汚職」です。

汚職とは、自分の職権を利用して賄賂を受け取るなどの不正を行うことを指し、特に議員や公務員は賄賂を受け取ってはいけないと法律により定められています。

しかし、秋山議員はまさに収賄(しゅうわい:賄賂を受け取ること)をしたとされています。

 

秋山議員ほど影響力のある人には今回の中国企業のような賄賂を贈ろうとする輩がうじゃうじゃいるんでしょうね…。

だからと言って受け取ってしまったら立派な汚職になってしまうので、もう少し慎重になってほしかったです。

 

IR関連法案の現状について

 

2016年12月     IR推進法案が成立

2018年7月20日  IR整備法案が成立

2019年3月26日  IR整備法施行令が閣議決定

2020~2021年頃   候補地の確定?

 

こんな感じで進んでいます。

候補地はいくつか名乗り出ているところがあり、北海道や横浜、東京、大阪、沖縄など9都道府県が手を挙げているそうです。

なお、北海道は釧路・苫小牧・留寿都の3地点を推薦していたようですが、現在は苫小牧だけの推薦となっています。

おそらく東京オリンピックパラリンピックが終わった後からIR関連法案の動きが活発になると予想されていましたが、今回の件がIR関連法案にとって逆風となることは避けられないでしょう。

 

f:id:mkmkblog:20191125164240j:plain

IRによるデメリットとは?

IRができることによっていくつかのデメリットが発生すると考えられています。

①治安の悪化

IRを目掛けて訪れる外国人が多くなりますので、日本の治安が悪くなるかもしれないという懸念です。

しかし、問題ないと個人的には考えています。

現在で既に訪日外国人(インバウンド)が3000万人を超え、以前に増して街中で外国人を見かける機会が増えました。

しかし、旅行中の外国人が事件を起こしたという話はあまり聞いたことがないですよね。

元々国内に住んでいた外国人が殺人事件や強盗事件を起こすニュースはありましたが、外国人旅行者についてはそのような心配はいらないと思います。

 

ギャンブル依存症が増える

IRのなかにはカジノもできるということで、ギャンブル依存症が増える可能性が増えるという懸念です。

依存症対策は国を挙げて取り組まなければならない課題の一つですね。

既に現時点で500万人を超えるギャンブル依存症がいると言われていますから、今回のことを踏まえて依存症対策に本腰を入れるのではないでしょうか。

 

マネーロンダリングが行われる

マネーロンダリングとは、反社会勢力のような組織が不正で得た金の出どころをわからないようにするために金を転々と回すことを言います。

カジノもマネーロンダリングの温床とされていますので、今後対策が必要な課題の一つです。

 

まとめ

今回はIR関連法案と汚職についてご紹介しました。

IRは税収が増えたり外国人観光客が増えるメリットもありつつデメリットもあります。

今はまだIRに対する世間の理解が追い付いていない状況なので、まずは国民一人一人がIRに関する正しい情報を得ることに注力したほうがいいような気がします。

また、IRによって現職議員が汚職をするなんていうのは論外ですから、大きな金が動く事業にかかわる人はしっかりと選んでほしいですね。

 

今回もご覧いただきありがとうございました。

 

関連するブログ

磯山友幸のブログ さん

isoyant.hatenablog.com

この方、以前もご紹介しました(笑)

法案の是非について鋭く分析・解説されているため、IR関連法案に関する知識を増やしたい方にはお勧めです。

 

・mickyabs's blog さん

mickymagicabc.hateblo.jp

 IRの危険性について考察されているブログです。

やはりこういう反対意見は国民の多くが抱えているもので、IRを推進するのであれば政府が正しい知識を発信するべきだと感じます。