minablog

hugo/github/wordpress/プログラミング言語/美容/ビジネス/マーケティングなど、ミレニアム世代やZ世代に有益な情報を共有するブログ。

他の人より多くの情報を仕入れる方法【圧倒的情報収集について】

 皆さんこんにちは!minablog管理人のみなです。

 

 今回は他の人より多くの情報を仕入れるための方法をご紹介します。

 

情報過多の今、正しい情報を取捨選択しながら大量にインプットするのはとても難しいことです。

 

ただし、やり方によっては他の人よりも圧倒的に情報を仕入れることも可能です。

 

情報収集の方法を覚えて、ライバルに圧倒的な差を付けましょう。

 

目次

 

情報収集が重要である理由

なぜ情報収集が必要なのか、考えたことはありますか?

 

多角的な視点を持つことができる

多くの情報を仕入れることによって、1つの物事に対してさまざまな方向から考えることができる《多角的な視点》を持つことができます。

 

戦略を立てるとき

事業を立て直すとき

新規顧客を獲得するとき

 

ビジネスの多くの場面で多角的な視点は必須のスキルです。

 

意思決定ができる

立場が上になってくると会社の方向性を大きく左右する意思決定をする場面も増えてきます。

 

しかし、この方針が正しいどうかを判断する基準として、仕入れた情報を判断材料とすることがほとんどです。

 

《Examle》

SNSマーケティングを展開する→〔理由〕20代女性のSNS活用が活発化している

②10代男性がいる家庭に絞った広告を打つ→〔理由〕カレーの消費量は10代男性がトップ

 

上記の例のように、方針を決める根拠となった「20代女性のSNS活用が活発化している」情報や「カレーの消費量は10代男性がトップ」情報は事前に仕入れているからこそ生かされています。

 

多くの人に好かれる

これがいちばんデカいです。

 

情報を知っていることによってさまざまな話に合わせることができます。

 

特に社会的地位の高い人との会話で豊富な情報量から話を弾ませることができれば、非常に良い関係性を生むことができます。

 

もしこれが何も知らないただの若者であったら、面と向かって話すこともできません。

 

情報収集の方法

RSSリーダー

圧倒的に情報収集をするなら、ビジネスマンに高い評価を得ているFeedly(フィードリー)というRSSリーダーをおすすめします。

 

RSSリーダーとは、リーダーに登録されているサイトをフォローすることによって、見たいサイトの最新情報を自動で表示してくれるものです。

 

沢山のサイトを何度も開いて最新情報をチェックするのは大変ですし、それだけで時間がとられてしまいます。

 

しかし、RSSリーダーは煩わしい作業を全て除き、見たいサイトの最新情報を常にチェックすることが可能です。

 

Feedlyはこちら。

feedly.com

 

基本英語で書かれていますが、シンプルな作りとなっているので操作性が非常にいいです。

 

スマホ版ページもあるようで、パソコンとスマホ両方使うことで圧倒的な情報収集をすることができます。

 

Googleアラート

RSSリーダーとほぼ同じですが、こちらは特定のコンテンツの最新情報をメールで送ってくれます。

 

毎日ウェブサイトを開かずとも、メールを見て情報を仕入れることができるのは楽ですよね。

 

オプションも多くあるので、自分仕様にカスタマイズして使い込むといいでしょう。

 

また、Googleのサービスなので日本語対応してますし、かなり使いやすいです。

 

Googleアラートはこちら

www.google.com

 

圧倒的情報収集で差をつける

情報収集の仕方ひとつをとっても業績は変わります。

 

これは断言できます。

 

圧倒的な情報収集をして周囲と差をつけ、そしてアウトプットしていきましょう。

 

なお、新R25の記事には情報収集方法や活用法、アウトプットについて、ビジネス県人の9名に話を伺うという面白い記事も掲載されていました。

 

知識を深めたい方はこちらもご覧ください。

r25.jp

 

f:id:mkmkblog:20191223162107j:plain

関連するリンク

・omuriceman's blog さん

omuriceman.hatenablog.com

このブログを読んでいただいている方でプログラミングをしている方、エンジニアの方も多いと思います。

そんな方におすすめのこの記事。

技術的な情報収集に特化して書かれていました。

 

・めもおきば さん

d.nekoruri.jp

メールに替わるビジネスコラボレーションハブアプリのSlackを使った情報収集術です。

私含め、Slackユーザーは必見ですね。