minablog

hugo/github/wordpress/プログラミング言語/美容/ビジネス/マーケティングなど、ミレニアム世代やZ世代に有益な情報を共有するブログ。

プレゼン力に差をつけるフォントの選び方とPowerpointへの追加方法

プレゼン資料を作るためにPowerPointで資料を作るとき、皆さんはフォントを気にしたことがありますか?

分かりやすくて読みやすい資料を作るうえで、フォント選びはとても重要です。

今回は、プレゼン資料を作る際のフォントの選び方やパワポへの追加方法などを見ていきましょう!

 

目次

 

プレゼンで差をつけるにはフォントを変えろ!

プレゼン資料を作るとき、皆さんはどの部分に力を入れていますか?

レイアウト、文字の大きさ、デザインなど、分かりやすいプレゼン資料をつくるためには、注意する箇所はいろいろです。

しかし、意外と見落としがちな要素が「フォント」です。

フォントを変える理由

フォントは、見る側にとって多大な影響を及ぼします。

漢字や仮名を使うときによく用いられる明朝体でフォントの違いによる印象の違いを見てみましょう。

 

《HG明朝B》

f:id:mkmkblog:20200513222513p:plain

《HG明朝E》

f:id:mkmkblog:20200513222508p:plain

 

この2種類のフォントの違いが判るでしょうか?

HG明朝Bのほうが文字の線が細いため、上品な女性的な印象を受けます。

一方で、HG明朝Eを見ると文字が若干太くて力強いフォントになっており、読みやすさもあります。

 

このように、線の太さやはらいの角度など、ちょっとした細かい部分が違っているだけでも大きな影響を及ぼします。

 

フォントにも種類いろいろ

フォントにもさまざまな種類があります。

ここでは、代表的なフォント種類を見ていきましょう。

日本語(漢字・カタカナ・かな)

明朝体  :落ち着いて信頼感がある。日本らしい。上品で女性らしい。

ゴシック体:力強く男性的。無骨。読みやすい。

楷書体  :伝統的な日本語。歴史や伝統を感じる。書道の手本として用いられる。

英語(アルファベット)

セリフ体  :伝統的で品格がある。最もスタンダード。

サンセリフ体:現代的で幾何学的。装飾要素があまりない。

スクリプト体:高級感のある。手書き感がある。

 

読みやすいフォントの選び方

プレゼンや会議資料を作成するときに一番注意しなければならないのが、とにかく見やすくわかりやすいことです。

仕事の資料作成のときには読みやすいフォントを使って12pt以上の文字サイズに設定しましょう。

 

もしデザイン性の強いフォントを使うときには、デザインの一部として1ページの中に1~2か所程度に絞り、重要なことは書かないことを条件として使うことをおすすめします。

 

パワーポイントでフォントを追加する方法

①フォントダウンロード

まずは好みのフォントをダウンロードします。

人気のフォントは有料で販売しているものが多く、フリーフォントでも商用利用が出来ないものがあります。

 

有料フォント・無料フォントをそれぞれご紹介します。

《有料フォント》

www.morisawa.co.jp

モリサワフォントはプロデザイナーも使っている超人気フォントです。

このフォントを使えばどんな資料も一気におしゃれになりますが、可読性が低いフォントもありますので、使うときには読みやすいフォントを見極めて作りましょう。

 

フリーフォント(商用利用可)》

photoshopvip.net

こちらのサイトには無料かつ商用利用可のフリーフォントがなんと169個も掲載されています。

フリーフォントでもプレゼン資料を作るには十分事足りるので、ぜひ使いたいフォントを探し出してみてください。

②フォントを開いてインストール

f:id:mkmkblog:20200513225524p:plain

ダウンロードしたフォントを開くと、フォント確認画面となります。

画面左上にある「インストール」ボタンをクリックしてインストールしましょう

③フォントが正しくダウンロードされたかチェック

インストールが終わったらofficeで使えるようになっていますが、一応正しくダウンロードできているか確認しましょう。

f:id:mkmkblog:20200513225927p:plain

windows(C:)➢windows➢Fonts を見てください。

「Fonts」フォルダには使っているパソコンが持っているフォントすべてが格納されており、上記②でインストールするとこのフォルダに自動で格納されます。

ここに正しく格納されているかチェックしましょう。

 

ここに格納されていても、パソコン内部で新たなフォントを認識するのに5分程度時間がかかる場合があります

その際には表示されるまで少し待ってみてください。

 

(上級者向け)より見やするためのカーニング

カーニングとは、文字同士の間隔を調整して見やすくすることです。

カーニングを行わない文章は文字間が不均一で見づらい印象となりますが、適切なカーニングを行うことで文章の可読性が高まります

 

カーニング有とカーニング無の違い

f:id:mkmkblog:20200514183908j:plain

文字間が調整されたことによって、ぱっと見た印象が全然違うことが分かるでしょうか?

カーニングは1文字ずつ行う必要があるのでとても根気が必要な作業ですが、他の資料と圧倒的な差が生まれますので、ぜひ丁寧に行うようにしましょう。

 

フォントでプレゼンを成功させよう

フォントは資料を作るうえでとても重要な要素です。

状況に応じた適切なフォントの選定やカーニングで、あなたのプレゼンに引き込んでビジネスが狙いどおりに進めましょう!

 

関連するページ

www.mkmkblog.site

www.mkmkblog.site

www.mkmkblog.site