minablog

hugo/github/wordpress/プログラミング言語/美容/ビジネス/マーケティングなど、ミレニアム世代やZ世代に有益な情報を共有するブログ。

うざい意識高い系になってませんか?【嫌われない方法】

皆さんこんにちは!minablogのみなです。

 

皆さんの周りには無駄に意識高い系の人はいませんか?

 

やたらとカタカナを使って会話をしたり、自己啓発本ばかりを読みあさっていたり…。

 

それがビジネスに反映されていればとても素晴らしい人なのですが、ただの自己満で終わっている人も多いですよね。

 

今回は、そんな意識高い系にならない方法をご紹介します!

 

f:id:mkmkblog:20191227153427j:plain

目次

 

意識高い系とは?

Wikipediaではこのように意識高い系を定義しています。

意識高い系とは、過剰に自分を演出するが中身が伴っていない若者、前向きすぎて空回りしている若者、インターネットにおいて自分の経歴・人脈を演出し、自己アピールを絶やさない人を表す俗語である。

 

特にここで重要なのが、過剰に自分を演出するが中身が伴っていない若者というところです。

 

自分を演出するということは、仕事できますアピール・勉強できますアピールをしていても実際の成績が伴わないということですね。

 

なぜ意識高い系は嫌われるのか

意識高い系の人は休日でも積極的に勉強を行っています。

 

自己啓発本を読んだりセミナーにいって人脈を増やしたり、本来であればこのような行為は歓迎すべき素晴らしい行動です。

 

しかし、意識高い系となってしまう人には次の2つのような問題があります。

 

勉強している自分に酔っている

休日さえ返上して職場のために勉強している自分に酔っているのです。

 

確かに素晴らしいことをしているのですが、それを人に自慢することは絶対にNGです。

 

勉強したことで業績が上がったのであれば成果が目に見えるので称賛されますが、成果が出ない状態で勉強している過程だけを自慢されても周囲の人には全く響きません。

 

上から目線になっている

勉強して知識を得たことで偉くなったと感じてはいませんか?

 

知識を得ることでほかの人よりも一歩有利になっていますし、同僚に知っていることを披露してアドバイスをしたくなる気持ちはわかります。

 

でもそれはぐっとこらえましょう。

 

自分がすでに知っていることを上から目線でモノを言われるのは、正直かなりうざいです。

 

嫌われない方法とは?

そもそも意識が高いことは素晴らしいことで、嫌われるような行動ではありません。

 

むしろ、意識を高く持って勉強や自己啓発を行った後の行動に注意が必要です。

 

明確な目標を持つ

意識を高く持って行動したあとの目標を定めましょう。

 

具体例を見てみましょう。

 

 ・自己啓発セミナーに出席して、勉強したことを翌日実践してみる

 ・スキルアップとして英語の勉強したら、TOEICで700点以上獲得する

 ・マーケティングについて勉強して自社の戦略を見直してみる

 

明確な目標が出来ていることがわかるでしょうか。

 

ここでは、意識を高く持ったことによる成果が目に見えてわかることが重要なのです。

 

成果が出ていることで、勉強や自己啓発が身についていることの証明になります。

 

専門用語を多用しない

同じ業界にいて当たり前のように使っている用語であれば問題はありませんが、一般の人が聞いて意味を理解しづらい専門用語を多用することは避けましょう。

 

仕事上では専門用語のほうが話がスムーズに進む場合もありますが、そうじゃない場合も多いです。

 

特に最近はカタカナの多用がよく見受けられますが、それに対して「意識高すぎ(笑)」という反応が良く見られます。

 

本当に意識が高く、仕事が出来る人は専門用語を多用しなくても的確に物事を伝えることができます。

 

SNSにおけるビジネスの発信はほどほどに

SNSでビジネスアカウントを作って多くのフォロワーを抱えている人をよく見かけます。

 

 

SNSで意識高い発言してみんなから称賛されていたとしても、それはSNSの中だけの話です。

 

SNSのフォロワーやコミュニティの多さをリアルのものと勘違いしてしまう場合も多いですが、あまりSNSにとらわれすぎないようにしましょう。 

 

意識高い系から意識高い人へシフトしましょう

意識を高く持っている人は総じて向上力のある方ばかりです。

 

ただし、中身が伴わないただの意識高い系になるか、それとも本当に仕事が出来る意識が高い人になるかは、行動次第なのです。

 

今までのことに注意して、意識高い系から意識高い人へシフトしましょう。

f:id:mkmkblog:20191223162218j:plain

関連するブログ

・正しい年の取り方 さん

dramadmara.hatenablog.com

このブログを読んでいて、とてもあるあるを感じました!

周囲に意識高い系がいて対応に困ったことがある方はとっても面白く読める記事です。

 

・タクミの帰宅塾 さん

www.takumiate.com

意識高い系の中年男性というパワーワード

会社勤めの方は結構同じような体験をしたことがある人いると思います。

中年男性の認証欲求を満たしてあげるのはかなり難しそうな気がしますね…。

ぜひ会社勤めの方、サラリーマンの方に見ていただきたい記事です。