minablog

hugo/github/wordpress/プログラミング言語/美容/ビジネス/マーケティングなど、ミレニアム世代やZ世代に有益な情報を共有するブログ。

ダイエット中でも太らないお酒とは【カロリーを気にせず飲みましょう】

こんにちは!minablog管理人のみなです。

 

私は普段、仕事が終わってから家に帰ってくると、たいてい晩酌をするんです。

 

20台前半からの習慣となっているんですが、アラサーになって晩酌をするとすごく太るようになりました。

 

基礎代謝が落ちてきたからなのか、単純に運動不足なのか…。

 

皆さんもそのような経験はないでしょうか?

 

そこで今回は、ダイエット中でもカロリーを気にせず飲むことができる、太らないお酒をまとめてみました!

 

f:id:mkmkblog:20200130170311j:plain

目次

 

お酒は太る?

お酒を飲むと太る、とよく耳にしますが、本当に太るのでしょうか。

 

お酒をつくるには原料が必要ですよね。

 

ビールならホップ、日本酒ならお米、焼酎なら芋・米・麦といったようにそれぞれの原料のカロリーが結構高いのです。

 

また、お酒を飲むときにはおつまみは必須なので、おつまみのカロリーが高いと当然太ります。

 

代表的なお酒のカロリーは?

日本人がよく飲む代表的なお酒のカロリー(100ml当たり)をまとめてみました。

 

・ビール:42キロカロリー

・日本酒:105キロカロリー

・赤ワイン:70キロカロリー

ウイスキー:230キロカロリー

 

こうしてみるとウイスキーがカロリーが高く見えますね。

 

 このカロリーはアルコール度数に比例して高くなります。

 

なのでアルコール度数5%のビールはカロリーが低く、アルコール度数40%のウイスキーは230キロカロリーと高くなっていることが分かります。

 

太らない飲み方とは?

上記で見た通り、ウイスキーは100ml当たり230キロカロリーとかなり高い数字ですが、一般的にウイスキーは太りにくいお酒として有名です。

 

その理由は、糖質がほとんど含まれていないこと!

 

糖質を控えることはダイエットにとても有効なのです。

 

糖質を取ると太る理由とは

なぜ糖質を取ると太るのでしょうか。

 

その仕組みを調べてみましょう。

 

食べ物を食べると身体のなかで血糖値が上昇し、インスリンが分泌されます。

 

このインスリンは血液中の糖分を脂肪細胞に取り込む働きをするので、インスリンをたくさん分泌させすぎると体脂肪が増えてしまうのです。

 

そして、食べ物のなかで一番インスリンを分泌させるのが糖質と言われています。

 

体脂肪を増やさないようにインスリンの分泌を少なくするのであれば、糖質を制限するのがいちばん効果的なのです。

 

太らない飲み方をご紹介

ウイスキーを飲むときはハイボールにして飲むのがおすすめです。

 

炭酸で割ることで自分好みの強さで飲むことができますし、炭酸によって満腹感を得ることができます。

 

また、ジンジャーエールやコーラで味変ができるため飽きずに飲むことができますよね!

 

ぜひレモンやライムを入れておしゃれハイボールとして飲みましょう。

 

安くて美味しいハイボールは「サントリー トリスクラシック」です。

 

 《トリスクラシック》

 ・価格:841円

 ・量 :700ml

 ・度数:35%

 ・会社:サントリー

 

ぜひ試してみてください。

 

低カロリーなおつまみは?

糖質が低いハイボールにしたときは、おつまみも低カロリーで罪悪感の低いものにしましょう。

 

こちらの記事で低カロリーおつまみをご紹介しています。

www.mkmkblog.site

 

カロリーを気にせずお酒を飲もう

お酒を飲むときにカロリーを気にしたくないですよね。

 

そんなときは、糖質が少なくカロリー調整もしやすいハイボールと低カロリーおつまみで罪悪感なく、楽しく晩酌をしましょう。

 

ぜひ今回の記事を参考としてみてください。

f:id:mkmkblog:20200130170329j:plain

関連するブログ

・きりんログ さん

ayarieshon.hatenablog.com

4か月で4.6kg減量された方だそうです!

ものすごく計画を立ててダイエットをされているので、私もダイエットするときは参考にしています。

 

・週5働きながら1年で10㎏痩せたOLのダイエットログ さん

hataraki-ol-dietlog.hatenablog.jp

同じ働く女性なのに10㎏痩せたのは本当にすごいと思います!!

この方の記事を見るとモチベーションが上がります。