minablog

hugo/github/wordpress/プログラミング言語/美容/ビジネス/マーケティングなど、ミレニアム世代やZ世代に有益な情報を共有するブログ。

カクテルに詳しくなってみる?カクテルの歴史や使われるお酒の種類など!

お酒を飲むとき、皆さんはカクテルを飲みますか?

甘くて飲みやすい、アルコール度数の低いものからかなり強めでアルコール度数も高いものまで、カクテルにはさまざまな種類があります。お酒とジュースの組み合わせによっては無限大の味を楽しむことが出来るため、自分好みのカクテルを見つけたいですよね。

そこで今回は、カクテルの歴史や使われるお酒の種類などを勉強してカクテルに詳しくなってみましょう。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

helGINki(@hel_gin_ki)がシェアした投稿 -

目次

カクテルとは?

カクテルの名前の由来は、英語で”Cocktail”と書くように『雄鶏の尾』という意味が付けられています。なぜこの名前になったのか正確なところは未だ解明されていませんが、今のところ有力な説をご紹介します。

《カクテルの由来|勘違い説》

メキシコのある町で、船乗りたちが酒場でお酒を飲んでいたところ、酒場の少年が持っていたお酒をみて「この酒はなにか?」と問いかけた。少年は手に持っている酒を混ぜるための棒のことを聞かれたと勘違いし「雄鶏のしっぽ」と答えた。すると、船乗りたちは持っているお酒の名前が「雄鶏のしっぽ(Cocktail)」だとして、カクテルという名前が付いた。

 

勘違いから付けられた『カクテル』という名前ですが、今やほとんどの人がお酒だと認識するほどの知名度となっていますね。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Best Cocktails(@bestcocktails)がシェアした投稿 -

カクテルの定義

カクテルとは、複数の酒や果汁、香辛料などを混ぜ合わせた『Mixed Drinks(ミックスド・ドリンク)』とされています。かつて、紀元前のエジプトでも飲まれていたカクテルは、ヨーロッパやインドなど、多くの国で発展を遂げたのち、19世紀後半から今のような形のカクテルが一般的となりました。

カクテルの種類

カクテルには種類があることをご存じでしたか? 種類によって飲み方や飲むタイミングが異なりますので、覚えておきましょう。

飲む時間

ショート・ドリンク

氷などを混ぜて冷やされて提供され、カクテルグラスなど小さいグラスに注がれる。カクテルがぬるくならないよう、短時間で時間をかけずに飲む。

ロング・ドリンク

ショート・ドリンクとは違って大きめのグラスに入って提供されることが多く、溶けにくい大きな氷や大量のクラッシュアイスで長時間冷たさを保つことが出来るため、時間をかけて飲んでもよい。温かいカクテルもロング・ドリンクに分類される。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

橋脇正彦(@hassy_barrem)がシェアした投稿 -

温度

コールド・ドリンク

氷で冷やされて提供されるカクテル。暑い夏に飲みたくなることから、サマードリンクとも言われる。

ホット・ドリンク

寒い冬に飲みたくなる温かいカクテル。ウインタードリンクとも言われる。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Masaki Higuchi(@higuccini)がシェアした投稿 -

飲むタイミング

食前酒

甘さがなくさっぱりとしたカクテル。食事前に飲むことで食欲増進を目的とする。

食後酒

食事後の口直しや消化促進のために飲まれる、甘くて濃厚なカクテル。

オール・デー・カクテル

食前・食後関係なく、いつ飲んでも構わないカクテル。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

𝖐𝖆𝖔𝖗𝖎 𝖓𝖆𝖎𝖙𝖔(@canokaon)がシェアした投稿 -

カクテルによく使われるお酒一覧

ジン

大麦・ライ麦・トウモロコシを原料とした蒸留酒

ジン独特の風味はニバー・ベリー(杜松の実)を加えることで生まれ、さっぱりと爽やかな飲み口。オランダで誕生した後に世界中に広がり、各国で微妙な味の違いがある。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Yusuke Inaba(@dwyane173)がシェアした投稿 -

ラム

サトウキビを発酵・蒸留して作られる蒸留酒

ラムのなかにもいくつか種類があり、クセが少なく飲みやすいものから力強い風味を感じられるものに分かれている。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Coban115(@coban115115)がシェアした投稿 -

テキーラ

アガベ・テキラーナ・ウェベル・アスールと呼ばれる植物から造られる蒸留酒

最も個性豊かなスピリッツとされており、メキシコの特定の州で造られたお酒のみがテキーラと名乗れる。

カクテルにするだけでなく、ショットでも飲まれることが多い。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Chilled Magazine(@chilledmagazine)がシェアした投稿 -

ウォッカ

蒸留酒の中でも特にクセが少ない。

大麦・小麦・ライ麦・ジャガイモ・トウモロコシなどで造られ、国によって原料が異なる。蒸留後に白樺の炭でろ過されるのが特徴。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

ke1_03(@k1_m_33)がシェアした投稿 -

リキュール

蒸留酒ににハーブや果物、ナッツなどを混ぜて風味や香りを付けたもの。

美しい色と風味豊かな味わいが特徴で、カクテルによく使われる。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

株式会社ルーチェ(@luce_limoncello)がシェアした投稿 -

ウイスキー

大麦・ライ麦・トウモロコシを麦芽酵素で糖化して造られる蒸留酒

モルトウィスキーやグレーンウィスキー、ブレンデッドウィスキーなどの種類があり、日本をはじめとする多くの国で造られている。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Whisky Unicorn(@suisu_no_ushi)がシェアした投稿 -

ブランデー

白ブドウのワインを蒸留し、樽で熟成して製造される蒸留酒。玉ねぎ型の蒸留機が使われるのが特徴。

ブドウ以外の果物から造られるブランデーもあり、チェリーやアップル、イチゴなどからも造られる。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

塩之小路 々庵(@sibainuponta)がシェアした投稿 -

カクテルは奥が深くて楽しい!

今回はカクテルの歴史やよく使われるお酒、名前の由来などをご紹介しました。

紀元前のエジプトでも飲まれていたとされるカクテルは、かなり昔から人間の生活に溶け込んでいたことがわかります。多くのお酒を使い、世界中で愛されているカクテルは、知れば知るほど楽しくなっていきます。

一緒に勉強して自分好みのカクテルを見つけましょう!

f:id:mkmkblog:20200730232455j:plain

関連するページ

www.mkmkblog.site

www.mkmkblog.site

www.mkmkblog.site