minablog

hugo/github/wordpress/プログラミング言語/美容/ビジネス/マーケティングなど、ミレニアム世代やZ世代に有益な情報を共有するブログ。

終身雇用の時代は終わり?これからの社会を生き抜く4つの方法とは!

皆さんこんにちは!

minablog管理人のみなです。

 

新卒で大手企業に入ったら将来安泰と言われていた一昔前と違い、いつ会社から早期退職やリストラを求められるかわからない世の中となりました。

日本の終身雇用制度も終焉を迎えています。

これからはキャリアアップのために次々と仕事を変え、個人のスキルを高めることができる人が活躍できる時代となります。

そこで今回は、これからの社会を生き抜くために必要な4つの方法をご紹介します。

 

 

終身雇用の時代は終わる?

終身雇用とは、会社が業績悪化による倒産などのアクシデントが発生しない限り、一つの企業に定年まで雇用され続ける日本企業特有のシステムです。

アメリカの経営学者 ジェームズ・アベグレンによると、日本企業の特徴として”年功序列”、”企業別労働組合”、そして”終身雇用”を挙げているほどです。

高度経済成長の時代に労働者不足からリストラをしないことが企業の暗黙の了解となっており、つい最近までその悪しき風習にとらわれていたのです。

この制度は労働者にとっても良いことで、勤続年数が長ければ長いほど賃金も役職も上がってくため、一度企業に入社すれば一生金に困ることはなかったのです。

 

デメリットとすると、この制度では勤続年数が長いことが重要視されており、個人のスキルは重視されていなかったため、スキルアップやキャリアアップの必要がなかったのです。

 

海外の雇用は?

海外の雇用はどのようになっているのか見ていきましょう。

日本に似た雇用体系をとっているのが韓国です。

韓国の就活ではとても熾烈な戦いが繰り広げられています。

韓国を代表する大手企業サムスンなどは給与水準が比較的高い一方、中小企業はあまり賃金が高くないところも多く、大手企業に入ろうと多くの若者が殺到するのです。

一度企業に入れば離職率は高くありませんが、中小企業の倒産などによる失業率はとても高いです。

なので、失業しないためにも安定している大手企業へ入ることが重要視されています。

 

日本と異なる雇用体系をとっているのはアメリカやイギリスなどです。

仕事をこなしていくなかでスキルアップをして、さらにスキルを伸ばせるような企業へ転職します。

むしろアメリカやイギリスではさまざまな経験を積んだ人を良しとする風潮がありますので、一つの企業に留まっていることで経験値がないと判断されることもあるのだそうです。

 

今後の社会を生き抜く4つの方法

これからの社会を生き抜くためには、今後の身の振り方を考えなければなりません。

常に頭の中を整理して次のステップへ行くための用意をしましょう。

 

1.自分の将来像を考える

将来、自分がどのようになりたいかを常に考えるようにしましょう。

1年ごとになりたい自分を考え、それに近づくように行動することを心掛けます。

なりたい自分の道筋に今の企業が当てはまらないのであれば転職することもあり得ますよね。

将来像を考えることによって、今は何をする段階かを明確にすることができます。

 

2.将来像に近い友達を作る

今後の自分を左右するのは、周りにいる友達です。

人間は身を置いている環境によって良くも悪くも変化します。

上記1によって考えた将来像に近い友達を作ることで身近に目標ができますし、友達からヒントを得ることもできます。

また、もし理想の将来像の足手まといとなりそうな友達がいるのであれば、少し距離を置いた方がいいと思います。

悪友に引きずられて目標を達成できないことは避けてください。

※ただし、距離をとるかどうかの判断は自分でしてください。

自分で距離をとるかどうか決断することがあなたにとって重要なのです。

 

3.バレットジャーナルを作る

なりたい自分を考えると、必然的に日々やらなければならないことが出てきます。

・1日に1回は勉強する時間を設ける

・習い事をする

・目標としている人と食事に行く

簡単なことでも構いませんが、将来像に近づくための行動をしなければいけません。

その際、バレットジャーナルがとても効果的です。

日々やることを頭の中にとどめておくのではなく「見える化」しましょう。

 

バレットジャーナルの作り方はこちら

thetruescents.com

 

4.少し背伸びをする

背伸びをするジャンルは問いませんが、1か月に一回はなにか背伸びをしましょう。

・おしゃれなレストランへいく

・ジュエリーを買う

このようになんでもいいです。

私たちは身の丈にあったことをすることに慣れてしまっており、背伸びをすることはあまりありませんよね。

背伸びをして見栄を張ることは自分にプレッシャーを与えることになります。

見栄っ張りと思われても、自分にプレッシャーを与え続けて常にやる気を保つようにしましょう。

 

f:id:mkmkblog:20191227153427j:plain

まとめ

いかがでしたか?

終身雇用の時代が終わろうとしている今後の社会を生き抜くための4つの方法をご紹介しました。

 

上記の4つの方法を実践し、常に次のステップのことを念頭に入れて行動するようにしましょう。

 

関連するブログ

かまりょの30代からのキャリアアップblog さん

www.kamaryoooooblog.com

転職を考えている方はこの方のブログを見ましょう。

実際にキャリアアップをされている方なので、実体験に基づく考察をされています。

 

・最速のキャリア戦略

blog.ryo-okui-assign.com

 SEさんに特化したキャリア戦略を行われている方です。

ロジカルな記事でとても分かりやすく、今後のキャリアを考えるのに役立つはずです。