minablog

hugo/github/wordpress/プログラミング言語/美容/ビジネス/マーケティングなど、ミレニアム世代やZ世代に有益な情報を共有するブログ。

正しいブレインストーミングでビジネスを加速化させる【ルールを守りましょう】

皆さんこんにちは!minablog管理人のみなです。

 

皆さんの会社ではアイディアに行き詰ったときや新規事業を行う際など、ブレインストーミングをしているでしょうか。

 

ブレインストーミングは何人かで意見を出し合うことによって新たなアイディアを生み出す方法として、最近ではビジネスシーンでもよく使われるようになってきました。

 

しかし、正しいやり方を行わないと新たなアイディアが生まれるどころか時間の無駄となってしまいます。

 

今回は、ブレインストーミングの正しいやり方を覚えて、ビジネスを加速化させましょう。

 

f:id:mkmkblog:20191114205411j:plain

目次

 

ブレインストーミングとは

ブレインストーミングの定義について考えてみましょう。

 

アレックス・フェイクニー・オズボーンによって提唱された創造性技術です。

 

アメリカ生まれのアレックスは広告エグゼクティブとして広告代理店を設立し、経営者として手腕をふるっていました。

 

また、彼は作家としても実力を発揮し、創造的思考・技術に関する本をいくつか執筆し、1953年に出版された本にてブレインストーミングが提唱されました。

 

ブレインストーミング集団で意見を出し合うことによって、複数の意見を融合した新たなアイディアを出し合う技法です。

 

ブレインストーミングにはルールがある

ただ単に何人かで集まって話し合うだけでは創造的思考とはなりません。

 

ブレインストーミングには正しく行うためのルールがありますので見てみましょう。

 

ネガティブな結論を出さない

絶対にやってはいけないのがネガティブな結論を出すことです。

 

こんなことを言ってしまう人はいませんか?

 

 ・人数不足だから納期までに仕事を終えることは不可能

 ・予算がないから新規事業に着手できない

 ・能力が足りない

 

このように、ネガティブな方向に話をもっていくことは厳禁です。

 

現在の条件では難しいことでも、考え方を変えてどうやったら達成できるかを考えるのがブレインストーミングのため、発展的な考え方ができないようであれば全く意味がありません。

 

特にネガティブな考え方をしてしまう同僚や上司がいる場合、ブレインストーミングをしている間は席を外してもらう方がいいでしょう。

 

発言することを恐れてはいけない

まずは発言することが大事です。

 

頭で考えるよりも言葉にしてしまいましょう。

 

出席者が思っていることをすべて出し尽くすのがこの手法の最大の特徴なので、恥ずかしがって意見をしないことはせっかくの場を台無しにしてしまいます。

 

そしてちょっとかっこいい発言をしようという考えもまるっきり捨ててください。

 

意見のぶつけ合う喧嘩をするくらいの勢いで意見を話しまくりましょう。

 

人数を増やしすぎてはいけない

意見をたくさん出すんだったら人数を多くすればいい、という安直な考えはやめましょう。

 

人数が増えてアイディアが出すぎると収集がつかず、暴走が始まります。

 

せっかく出た良い意見でも創造的思考につながらずに流れてしまう場合もありますので、掌握できる範囲で人数を集めることが大事です。

 

集めた意見を融合させてビジネスを加速化しよう

正しいブレインストーミングによって集まった意見は、融合させてさらに良い意見として発展させることができます。

 

ラーメン×おしゃれ=インスタ映え女子ウケラーメン

 

上記はあくまで例ですが、一見掛け合わせられないような相反するアイディアでも一つのきっかけによって新たな考えが浮かぶこともあります。

 

ブレインストーミングはひたすら意見を出して終わりではなく、そのあとの創造的思考を重視してアフターシンキングも欠かさず行うようにしましょう。

 

是非、正しいブレインストーミングをしてビジネスを加速化させてください。

 

f:id:mkmkblog:20191114210619j:plain

関連するブログ

・のらケミスト さん

tamagoyaki1999.hatenablog.com

ブレインストーミングの本当の効果ということでご紹介されています。

複数の記事に分けて書かれているので、しっかり学びたい方はぜひご覧ください。 

 

・ブログが続かない方が10年書き続ける方法 さん

start100.hatenablog.com

ブログ作成にもブレインストーミングが必要だということを提唱されています。