minablog

hugo/github/wordpress/プログラミング言語/美容/ビジネス/マーケティングなど、ミレニアム世代やZ世代に有益な情報を共有するブログ。

月20冊読むアラサーバリキャリがおすすめ!読むべき小説3選

皆さんこんにちは!

minablog管理人のみなです。

今日は今まで相当数読んできた本の中から、絶対に読むべき小説3つをご紹介します。

私は基本的にオールジャンルの本を読むのですが、その中でも一番読んでいるのが小説!

時代物からSF、ファンタジーなどのさまざまな小説を読んできました。

その中からご紹介したいと思います。

なお、ネタバレはありませんので安心してみてくださいね♪

それではどうぞ!

 

f:id:mkmkblog:20191223162107j:plain

No.6 あさのあつこ

No.6(ナンバーシックス)という日本の近未来を描いている小説で、著者はバッテリーやThe MANZAIで有名なあさのあつこさんです。

この小説はかなり有名で、漫画化とテレビアニメ化がすでにされていますが原作は小説です。

 

概要を紹介します。

将来の日本では、それぞれの能力や家柄、仕事などで人間がランク付けされており、高ランクの人は理想都市である「クロノス」に住む権利が与えられます。

一方、社会からはみ出たものや罪人はクロノスに住むことが出来ず、スラムのような決していいとは言えない環境で生活しており、完全な格差社会となっています。

主人公は幼少期から頭がよく、クロノスの良い環境で生活することができていました。

しかし、ひょんなきっかけから世間のはみ出し者と深く関わってしまい、与えられていた地位もよい生活もはく奪されてしまいます。

そしてある重大な事件により、治安局から追われる身となってしまい、日本社会の裏の部分を目にします。

理想都市の「破滅」と主人公たちの「希望」を描いています。

 

概要だけみても結構壮大な小説ですよね。

あさのあつこさんが書く小説は結構考えさせられるような終わり方をするものが多いのですが、今回も本当に考えさせられました。

私たちが知らない社会の裏側が本当にあるのではないか、今私たちが考えるべき問題から目を背けていないか、と自問自答したくらいです。

少し刺激強めな表現もありますので、流血などのグロい表現が苦手な方は注意が必要です。

bookclub.kodansha.co.jp

 

似たような物語として「シャングリ・ラ」もおすすめです。

www.kadokawa.co.jp

 

十二国記 小野不由子

こちらは最近新刊が出たことでも話題の小説ですね。

実は十二国記というのはタイトルではなくシリーズ名です。

各本にはそれぞれタイトルがついていますが、仮想の12か国に関するシリーズなので自然と十二国記と言われるようになったそうです。

いまでは著者公式のシリーズ名となっています。

 

概要を紹介します。

十二国記に出てくる12か国は現在の日本と隣り合った世界という設定です。

各十二か国には王がおり、麒麟と呼ばれる神獣が王を選ぶと言われています。

王が正しく政治を行っている国では妖魔が出てこないために国全体が安定しますが、王が悪政を始めると国が傾いてしまいます。

各国の王や民の様子、そして麒麟についてフォーカスして描いている壮大なファンタジー小説です。

 

ちょっと概要説明が下手ですね。すみません。

シリーズの各本で内容がガラッと変わってしまうので、総括すると「各国の王と民と麒麟の話」という感じです。

シリーズものなのでかなり長く冊数も多いのですが、小野不由子さんの世界観にすっかりひきこまれてすぐに読破できるかと思います。

www.shinchosha.co.jp

 

異世界シリーズ関連で「デルフィニア戦記」もどうぞ。

ヨーロッパ風の世界観です。

kayataproject.com

 

 セシルのもくろみ 唯川恵

こちらはフジテレビでテレビドラマ化されたことでも注目を集めた小説です。

ドラマの方は視聴率が振るわず残り1話を残して打ち切りとなったようですが、小説は最後まで目が離せないストーリーになっています。

今まで紹介した小説とはうってかわった、現代社会に生きる女性の嫉妬と欲望の世界を描いたリアルな一冊。

特にアラサー・アラフォー女子に読んでいただければ幸いです。

 

概要を紹介します。

冴えない主婦であった主人公が、たまたま応募した雑誌の読者モデルに合格したことによって人生がガラッと変わります。

美しさを保つことの難しさ、美しいモデル同士の嫉妬など、ドロドロした世界に翻弄される主人公が、トップモデルになるまで道のりを描いています。

 

私たちが思い描いている女の世界がリアルに描かれていてとても面白いです!

嫉妬した女ってこうだよね~とか、やっぱりモデルって整形しているの?とか、うなづきながら読み進められると思います。

嫉妬と欲望にまみれた女の世界をぜひお楽しみください。

www.kobunsha.com

 

リアルな女性を描いた小説「のら娘」もおすすめです。

www.amazon.co.jp

 

まとめ

今回は月20冊読むアラサーバリキャリがおすすめする、読むべき小説3選をご紹介しました。

概要説明がかなり下手かと思いますが、そこは優しい目でご覧ください…。

3つともテイストをちょっとずつ変えてみましたので、忙しい毎日を彩る小説をぜひご覧くださいね♪

 

f:id:mkmkblog:20191223162218j:plain

関連するブログ

篠宮 光琴 さん

mikotoshinomiya.hatenablog.com