minablog

hugo/github/wordpress/プログラミング言語/美容/ビジネス/マーケティングなど、ミレニアム世代やZ世代に有益な情報を共有するブログ。

Webライターの収入はどれくらい?始め方や求人など【リモートワークOK】

こんにちは!minablog管理人のみなです。

 

皆さんはWebライターという職業をご存じですか?

ライターというと新聞や雑誌、書籍などの文章を作る人のことを思い浮かべると思いますが、Webライターは特にWeb関係の記事を作成する人のことを指します。

パソコン1つで仕事ができるためリモートワークにも適しているほか、時間に縛られず自由な働き方ができるため、最近では主婦の方や学生でも出来る仕事として注目を浴びています。

 

そこで今回は、Webライターになるとどれくらい収入がもらえるのか、そしてどうやって仕事を受注するのかについてご紹介します!

 

目次

 

f:id:mkmkblog:20191125133219j:plain

Webライターの仕事内容

WebライターはWebコンテンツを作成することが仕事です。

Webコンテンツといってもいくつか種類があります。

PR・アフィリエイト記事

Webメディアで収入を得ている人の多くがPR記事・アフィリエイト記事を作成しています。

これは企業から依頼を受けて、製品やサービスの紹介をする報酬として金銭を受け取るものです。

よくアフィリエイターと呼ばれる人は、このような記事を作成することで生計を立てています。

 

ただし、紹介するだけではお金はもらえず、紹介したうえでお客様の購買行動につながった場合のみ報酬を受け取る仕組みになっていることがほとんどですので、読者を上手く商品へ誘導しないとあまり収入を得ることができません。

 

ブログ・エッセイ・コラム

日常生活を赤裸々に語ったり、あるテーマに沿った個人の意見などを書くのがブログやエッセイ、コラムの記事です。

最近話題のnoteもこのカテゴリーに分類されます。

 

このカテゴリーの記事を書く目的はアドセンス収入や意見発信、企業(もしくは個人)のブランディングの一環など多岐に渡りますが、最終目的としてサイトの認知度をあげることに繋がります。

 

取材記事・体験記事

こちらも企業から依頼を受けて記事を作成し、報酬を得るものです。

PR・アフィリエイト記事は成果が見えて初めて報酬が受け取れますが、こちらは掲載するだけで広告料が発生します。

このカテゴリーをライティングする際には、依頼者と協議を重ねたうえで意向に沿った記事を作ることが求められます。

 

ニュース

ライターという職業では一番なじみの深いカテゴリーです。

自分の意見を出さずに事実をそのまま伝えることが一番大切になるので、ライティングをするうえで一番難しく募集も少ない、難易度の高い分野になります。

 

大手になるほど質の高い記事が求められるため、ライター未経験を採用することはほとんどありません。

もしニュースライターになりたい場合はエッセイやコラム・取材記事等で経験を積んでから募集することが望ましいです。 

 

Webライターのリアルな収入について

Webライターの報酬は基本的に1文字〇円という契約が多いため、書けば書くほど収入が入る仕組みとなっています。

 

初心者Webライターだと1文字0.1円~1円くらいが相場なので、頑張っても月50,000円くらいの収入となります。

スキルアップし、SEO対策に特化した記事を作成できるようになってくれば単価もあがり、多い人で月300,000円くらい稼げるようになります。

 

自分のスキル次第で収入に大きな差ができますので、Webライターになったばかりのときにはスキルアップができる案件を多く受注するようにしましょう。

 

Webライターのなり方

Webライターになりたいと思ったとき、どのように行動すればいいのか見ていきましょう。

特別なスキルはいらない

特に何か資格をとったり学校に通う必要はなく、パソコンと通信環境さえあればいつでも始めることができます。

Webライターはとにかく仕事をこなして慣れることが上達の近道ですので、まずは仕事を受注してひたすらライティングしましょう。

 

上達してくると、SEO対策を意識したり読者に読まれる書き方を工夫して、スキルアップをしてさらに好条件のライティング案件を獲得できるようになります。

 

受注方法について

Webライターの受注方法について3つご紹介します!

クラウドソーシングを活用する

いちばん受注しやすいのがクラウドソーシングです。

日本国内のクラウドソーシング大手「クラウドワークス」や「ランサーズ」では、毎日多くのWebライティング案件が募集されていますので、自分のやりたい案件があったら積極的に募集しましょう。

 

また、これらのクラウドソーシングでは未経験者・初心者歓迎の案件も多くあります。

実力に合わせて応募ができるのがクラウドソーシングのメリットですね。

 

ライティングしたいメディアの募集を見張っておく

自分の好きなメディアやぜひライティングしたいサイトがあれば、運営会社の採用情報を確認してみるのもひとつの手です。

意外と多くの企業がライター募集をしていますし、正社員ではなく業務委託という雇用形態をとっているところもあります。

 

SNSで募集する

SNSで多数のフォロワーを確保しているアカウントの人は、ライターとして記事を書いている人も多いです。

SNSの内容からライティングスキルを図ることができますし、企業側としても実績がある人は依頼しやすいのです。

 

まずはフォロワーを増やして、SNS上で仕事を募集するやり方も検討してみてはいかがでしょうか。

 

Webライターで自由な働き方を手に入れよう!

Webメディアの発展に伴って需要が高まってきているWebライターという職業。

時間も働く場所も自由に決めることができ、スキルアップすればするだけ高収入が得られる、とてもやりがいのある仕事です。

 

どのような記事をライティングしたいのか、そしてどのような働き方をしたいのかによって応募すべきメディアも大きく変わってくるので、まずはやってみることが最も大切ですよ。

Webライターで自由な働き方を手に入れましょう!

 

関連する記事はこちら

www.mkmkblog.site

www.mkmkblog.site

www.mkmkblog.site

f:id:mkmkblog:20191125133157j:plain