minablog

hugo/github/wordpress/プログラミング言語/美容/ビジネス/マーケティングなど、ミレニアム世代やZ世代に有益な情報を共有するブログ。

D2Cのブランド戦略で周りの企業との競争に勝つ方法

皆さんは、BtoBでもBtoCでもない新たなビジネスモデル「D2C」を知っていますか?

D2Cモデルは大企業もこぞって取り入れているビジネスモデルで、D2C時代を勝ち抜く企業が将来的に成功するとも言われています。

皆さんも知らないうちにD2Cマーケティングの戦略にハマって商品を購入しているかもしれませんよ!

そこで今回はD2Cの基礎知識や取り入れ方法、そしてD2Cで成功している企業例をご紹介します。

 

目次

 

D2Cってなに?

D2CというのはDirect to Customerの略で、直訳すると"消費者に直接届ける"という意味となります。

従来の流通経路であるB2BやB2Cとの大きな違いとしては、商品の生産者やサービスの提供者と消費者の間に他企業を入れないことです

生産者がダイレクトに消費者へ届けることができる仕組みを指す言葉として、2010年ころから使われ始めました。

 

消費者に直接商品を届けるメリット

商品を正しく伝えられる

D2Cの一番のメリットは、商品開発に至ったストーリーや企業側の意図を正しく伝えられることです。

仲介業者がはいることで本来の思惑とは異なる説明をされたり、勝手な情報が一人歩きする可能性がありますが、消費者へ直接届けることで防ぐことができます。

 

コストカット

従来の販売方法では、問屋や小売店への仲介手数料や直営店舗を構える際の運営コストなど、消費者の手に渡るまでに多額の費用がかかっていました。

その中間マージンがなくなり、ダイレクトに消費者へ届けることにより大幅に販売コストを削減することができます。

 

消費者との関係づくり

消費者のリアクションを直接感じられるのもD2Cのメリットです。

購買行動の確認や商品への関心度を図ることでマーケティング戦略に落とし込むことができ、消費者との関係づくりができます。

 

D2Cのデメリット

流通チャネルの確保

独自にECサイトを作って販売することは、技術さえあればだれでもできます。

インターネット上には世界各国のECサイトが非常に多く存在しており、日本国内でもECサイトの数は相当数あります。

他のECサイトに勝つための適切な戦略を実行できなければ、多くのECサイトに埋もれて顧客に認知してもらうことすら難しいです。

 

IT世代以外にはリーチできない

独自ECサイトを広めるためにはSNSの運用や広告の配信などを行いますが、インターネットを自由に扱える世代(デジタルネイティブ世代)以外にはリーチすることができません

ブランドの販売戦略に応じてD2Cがいいのか、それとも従来の販売手法をとったほうがいいのか検討しましょう。

 

D2C市場が拡大した理由

なぜD2C市場が急速な拡大を続けているのでしょうか?

それは、IT技術が発展したことに関係しています。

インターネットの普及によりオウンドメディアの作成やSNSの活用、ECサイトでの販売が可能となったことで、企業が直接消費者へ届けるためのインフラが整ったためです。

 

また、消費者の購買行動も変化しており、わざわざ店舗に足を運ばずにネット注文で買い物を済ませる人が増えていることもD2C市場を拡大させる要因となっています。

 

海外では既存ブランドがD2Cに追い立てられている

海外では既にデジタルを活用した販売方法が確立されており、近年立ち上がった新しい小規模ブランドはほとんどがD2Cの手法をとっています。

海外の既存大手ブランドは新興D2Cブランドに追い立てられ、逆風が吹いている状態です。

 

forever21の倒産を例にとってみてみましょう。

アメリカ発のファストファッションブランドで、日本の若者にも絶大な人気を誇っていたfoever21ですが、2019年10月に経営破綻しました。

経営破綻するまでには、ブランド戦略の失敗やZ世代の若者の嗜好性との乖離などさまざまな理由がありますが、D2Cの勢力拡大も理由の一つです。

foever21はブランド開始当初から店舗販売型の戦略をとっており、安くて若者に受け入れられやすい服を数多く販売していました。

 

しかし、プチプラな服を得意とするブランドはほとんどがネット販売へ戦略を以降している中、forever21は店舗販売に依存してしまったことで、業績を回復させることができずに経営破綻となってしまいました。

 

D2Cをうまく取り入れている企業

Little Rooms

Instagramをうまく活用している企業です。

商品を紹介するというよりは、ターゲットとしている人に合ったライフスタイルの提案をするなかでプロダクトを紹介しており、多くの人に受け入れられやすい方法で商品を販売しています。

 

商品の機能性を前面に出すのではなく、商品が出す世界観を紹介するという新たな販売方法の先駆けとなっています。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

𝐋𝐢𝐭𝐭𝐥𝐞 𝐑𝐨𝐨𝐦𝐬(@littlerooms.jp)がシェアした投稿 -

 

PHOEBE BEAUTY UP

こちらはコスメブランドのD2Cブランドです。

美容動画メディアを運営しているDINETTE株式会社が立ち上げ、動画メディア×D2Cという最強コンビで急成長を遂げています。

 

動画メディアから利用者のデータやリアクションを見たうえで、ブランドで打ち出す商品に反映させるという手法が今の時代にものすごくマッチしています。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

DINÉTTE(ディネット) コスメ/スキンケア(@dinette_inc)がシェアした投稿 -

 

個人でD2Cを始めるためには

D2Cは個人でも始められるビジネスモデルです。

直接消費者へ届けるためにはネット販売が一番おすすめですが、ネットが苦手な方や簡単にECサイトを作りたい方におすすめのツールが「カラーミー」というネットショップ作成サイトです。

 

難しい操作なしでおしゃれなサイトを作ることができます。

無料お試しができるので、試しにサイトを構築して消費者の反応を見たいという方にはぴったりですよ!

ぜひお手軽にD2Cを始めてみましょう。

 

 

 新たなビジネスモデルに挑戦してみましょう

今まで見てきたビジネスモデル「D2C」の良いところは少人数でもブランド経営ができるところです。

メリットデメリットありますが、D2Cが今後のブランド戦略をになっていく大きな勢力となることは間違いありませんので、ぜひ今のうちに理解しておきましょう。

 

関連するページ

 

www.mkmkblog.site

www.mkmkblog.site

www.mkmkblog.site