minablog

hugo/github/wordpress/プログラミング言語/美容/ビジネス/マーケティングなど、ミレニアム世代やZ世代に有益な情報を共有するブログ。

2020年に人生を変えたい方へ【2か月で人生は変わります】

皆さんこんにちは!

minablog管理人のみなです。

 

この記事では、「2020年に人生を変えたい!」「自分を変えたい!」と思っている方へ人生の変え方について紹介しています。

 

・今年こそ転職を考えている!

・新しいことにチャレンジしたい!

・自分のやりたいことをやる年にしたい!

 

こんな考えを持っている人は絶対に見てください。

 

どんな人でもこれからお伝えする方法を実践すれば人生が変わります。

 

 

人生を変えるためにするべきこと

当然のことですが、ただ待っているだけでは人生は変わりません。

 

f:id:mkmkblog:20191209131618j:plain

人生を変えるために、まずは頭の中を整理するために下記のことをしましょう。

 

周囲の環境について考えるSWOT分析

今後の人生において何をやりたいか考える(SMARTの法則)

実現するために行動するPDCAサイクル

 

この中でも、特に「今後の人生において何をやりたいか考える(SMARTの法則)」は重要です。

 

これを正しく分析することで、今後の人生の7割が決まります

 

では、ひとつずつ詳しく説明します。

 

周囲の環境について考える

周囲の環境から、自分には何をすることができるか?何を実現できるかを考えましょう。

 

下の図に沿って頭の中を整理していきます。

f:id:mkmkblog:20200107175739j:plain

これはマーケティングにおけるSWOT分析を行うためのチャートです。

 

強み(Strength)

あなたの強みはどれですか?

 

理解のある配偶者・友人がいる、東大早慶出身、実家が太いなど、なんでも構いません。

自分の強みと感じることを書き出しましょう。

 

これなら惜しみなく前面に出していける、というものを選んでください。

 

弱み(Weakness)

逆に弱みはなんでしょう?

 

 財力がないとか、身体が弱いとか、自分の弱点と感じるところはいくつかあるはずです。

そのなかでもいちばん悩みの種となっている弱みをさらけだします。

 

機会(Opportunity)

あなたが絶好の機会だと感じることはなんですか?

 

成長できる職場にいることや大学生という身分など、好機だと思っていることを書きましょう。

 

脅威(Threat)

そしてラスト!

あなたにとっての脅威とはなんですか?

 

著者個人的な脅威といえば、職場の周りにいる仕事ができるエリートたちですね。

なにをとっても勝てる気がしません。

 

 

さて、強み・弱み・機会・脅威を出したうえでSWOT分析のチャートの空欄を埋めていきましょう。

下記の例を参考にして頭の中をクリアにしていきます。

 

《Example》

強み:プログラミングができる

弱み:家庭がある

機会:派遣切れのタイミング

脅威:金銭的に厳しい

 

機会×強み:派遣切れのタイミングでプログラミングスキルを発揮できる

       ➢プログラマーの正社員の仕事を探すことができる

機会×弱み:派遣切れのタイミングで家庭がある

       ➢スムーズに転職できない場合、生活に困窮する

脅威×強み:金銭的に厳しいがプログラミングができる

       ➢クラウドワークスで小金を稼ぐことができる

脅威×弱み:金銭的に厳しいのに家庭がある

       ➢思い切ったことを家族が許してくれるかわからない

 

このように、自分の環境を見つめなおすことによって何が実現可能なのか、そして何が実現が難しいのかを判断することができます

 

今後の人生において何がしたいか考える

先ほどのSWOT分析によって、ある程度できること、できないことの判断ができたと思います。

 

次は、SMARTの法則と呼ばれる”目標達成のために実現可能性を最大限に高める目標設定法”をしていきましょう。

f:id:mkmkblog:20200107182521j:plain

 

 この図のとおり、SMARTの法則は

 

Specific

Measurable

Achivable

Realistic

Timely

 

5つの単語の頭文字をとって名付けられています。

 

先ほどのExampleをそのまま活用した事例を見ていきましょう。

 

《Example》

目標:プログラマーの正社員の仕事を探す

 

Specific:具体的であるか?

プログラマーを募集している企業50社に履歴書を送る

 

Measurable:計測可能か?

➢履歴書を送った50社のうち、10社から面接の案内が来る

 

Achivable:達成可能か?

➢以前プログラマーとしてアルバイトをしていた経験から、達成可能と考える

 

Realistic:現実的か?

➢家計からいうと3か月以内に転職できないと厳しいため、3か月以内の転職をする

 

Timely:期限が明確であるか?

➢Realisticから3か月以内の転職活動と定めた

 

このような形ですね。

 

履歴書50社・面接20社というように、数値を出すとより実現可能性が高まってきます

 

実現するために行動する

 SWOT分析、SMARTの法則を行っていよいよ目標の実現可能性が高まってきました。

 

例えばプログラマーを募集している企業へ履歴書を出すとき、面接へ行くとき、転職活動の実施状況など、それぞれのタイミングで計画➢実行➢確認➢行動を確認することはとても大切です。

 

これはマーケティングフレームワークの一つで

 

Plan:計画

Do:実行

Check:確認

Action:行動

 

の頭文字から、PDCAサイクルと呼ばれます。

 

PDCAサイクルを回すことによって今まで行ってきたことを継続的に改善することができます。

 

《Example》

企業20社と面接する

Plan:プログラマーとして面接を受ける際にはどのように回答するのが効果的か考える

Do:Planで考えたとおりに面接を受ける

Check:この質問のときのこの回答がだめだった…

Action:次の面接のときにはこのように回答する!

 

こんなかんじですね。

 

特に、面接のような何度も同じことを行う場合にはPDCAサイクルを回して効率的に問題点を洗い出すことがとても大切です。

 

2か月で人生が変わった話

私は2か月で人生が180度変わりました。

なぜなら、この方法を実践して実際に転職をしたからです。

 

それまでは、日々単純作業の繰り返しでした。

でもそれを当たり前だと思っていたのです。

 

毎日単純作業をして給料を稼ぐのが基本だと思い込んでいました。

 

でも、ある方の本を読んだことでその考え方が一切なくなりました。

 

それが、堀江 貴文さんです。

 

それまで胡散臭いな、くらいしか思っていなかったのですが、実際にこの方の本を読んでとても感銘を受けました。

 

本を読んだ瞬間から、仕事・人生に対する考え方が全く変わってしまったのです。

 

そんな本に出合った時、じゃあどうやって人生を変えればいいんだ?と考える方もいるかと思って、私の実体験を紹介しました。

 

人生を変える覚悟はありますか?

 

2020年に人生を変えたい方へ

これまで紹介した方法を実践すれば、今までとは全く異なった人生を歩むことができます。

 

今後の人生を見誤らないためにも、SWOT分析にしっかり取り組みましょう。

 

ぜひ、2020年は自分の力で人生を変えましょう。